FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第60話 犠牲を越えて

支配者:昨日は色々忙しかったんで休ませて頂きました。

~前回のあらすじ~

なんかめんどいね。前回のあらすじ書くのって。(ぉーぃ!


迷探偵コナン:終わったな。あの攻撃を受けて,生きている者など誰もいまい。

たった今,動けなくなったシャイアンに,迷探偵コナンがダメ押しの攻撃を加えた。

シャイアン:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!?い,痛くない。なぜだかわからないけど・・・・・。)

シャイアンは,最後の力を振りしぼって立ち上がった。

迷探偵コナン:なにぃ!?奴がまだ生きてるだと!?ばかな,確かに俺の攻撃は当たったはず・・・!?

シャイアン:ああ,俺もよくわからないが・・・。

シャイアンは地面に目をやった。すると,目の前にはスメ夫が倒れていた。

シャイアン:スメ夫・・・・?ハッ!?まさかスメ夫,俺の攻撃の身代わりになって・・・。

スメ夫:毒に・・・・・感染された・・・・・僕ができることといったら・・・・・これくらいのもんさ・・・・・・。

スメ夫はもはや虫の息であった。

迷探偵コナン:なるほど。仲間に助けられたというわけか。

シャイアン:スメ夫,起きろスメ夫!!

スメ夫:シャイアン・・・・・・・かならず・・・・・・・勝・・・・・・・・ガクッ。

スメ夫は息絶えた。

シャイアン:スメ夫・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

迷探偵コナン:確かこの大会で敗れた者は,奈落の底に落下するんだったよなあ。

シャイアン:!?

スメ夫の下に穴が開いて,その中にスメ夫は吸い込まれていった。

スメ夫→脱落。

迷探偵コナン:じゃあ,これはもういらねーな。

迷探偵コナンは,ポケットから毒を治す錠剤を投げ捨てた。

シャイアン:・・・・・・・・・・・・・・・・・よくも。

スメ夫:ハハハハハ!!この俺が憎いか!?そりゃあ憎いよなあ。だが,貴様にはもう反撃する力は残っていまい!!

シャイアン:よくも・・・・・・・・・よくもおおおおお!!

シャイアンの怒りが頂点に達し,体が炎に包まれているように見えた。

迷探偵コナン:な,なんだ,このヤツからあふれ出るパワーは!!   まさか,仲間の死で闘志を蘇らせたとでもいうのか!?

シャイアン:うおおおおおおおお!!シャイアントパンチ!!

迷探偵コナン:(は,はやい!!)

ドン!!

迷探偵コナン:ガハッ!!

シャイアンの攻撃をくらい,迷探偵コナンは100km先まで飛ばされた。

迷探偵コナン:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

シャイアン:や,やったぜスメ夫・・・・・・・・かたきは,俺がとった・・・・・・・・。

迷探偵コナン:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フ・・・・・・・・・・・・・フフフ。

シャイアン:!?

迷探偵コナン効いたぜえ・・・・・・・。今のはよお・・・・・・・だが,俺はこれくらいでくたばったりはしない・・・・・・・・。

シャイアン:な,なんだと・・・!?

迷探偵コナン:次の一撃で,貴様を仲間のもとに送ってやるよ・・・。

シャイアンは今の攻撃で全エネルギーを使い果たしたため,もはや動く力さえなかった。

シャイアン:く,いったいどうすれば・・・・・・・。

再び迷探偵コナンの靴に,光が集まっていった。

迷探偵コナン:・・・・・・・・・今度こそ終わりだ!!

第61話に続く。次でおそらく決着が
つきます。

スポンサーサイト

コメント

本来迷探偵コナンが言うはずのところがスメ夫のなってるよ!

  • 2007/01/25(木) 21:47:33 |
  • URL |
  • たーくん #-
  • [ 編集]

おぉ!ほんと、スメ夫だっ!生き残ってたんだな?(笑)

てかだんだん真面目路線になってきたな。大丈夫か?(ぇ

  • 2007/01/25(木) 23:37:38 |
  • URL |
  • 王国の番人 #TT0fzUCU
  • [ 編集]

しまったあああああ~~~~~~!!!そんな間違いをしていたとは!!!
ま,どこが間違っているかわかるために,あえて残しておきます。(ぇ

  • 2007/01/26(金) 20:20:56 |
  • URL |
  • 支配者 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。