FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第4話 笑うことの大切さ


~前回のあらすじ~ 

修理代9兆円免除の為、ダジャレを言い続けるトラエモン。しかし・・・?



トラエモンとロボット店長の対決が始まって3ヵ月が経過した。今だにロボット店長は笑ってくれない。


トラエモン:ふ,福岡タワーで,服を買ったわー・・・。


ロボット店長:つまらん


トラエモン:(ああ,もうネタがつきたよ・・・。いっそのこと逃げてしまおうか・・・。)


そこでトラエモンは,あることに気がついた。


トラエモン:(そうか!俺には秘密道具があるじゃないか!こいつで奴をやっつけられるのさ!)


トラエモンは,ポケットからスモールライトを取り出した。


トラエモン:これでもくらっとけ!スモールライトぉおおおお!


しかし,スモールライトは作動しなかった。


トラエモン:そ,そんな馬鹿な・・・。あ!単三電池を入れなくちゃならないのに,単四電池を入れてたぁぁああああああああ!!!


ロボット店長:あなたは不正行為をしようとしましたね。


トラエモン:い,いや,違っ・・・。


ロボット店長:私はそんな奴らを許すことができない・・・いくぞ,戦闘モードに変形ーーーー!!


トラエモン:なんだと!?戦えるのかよアンタ!?


ロボット店長のありとあらゆる所から、大量の武器が出てきた。


トラエモン:ば、馬鹿な・・・!!


ロボット店長:私はこの姿で「22世紀ボクシング大会」でベスト32に入る成績を残したのさ!!


トラエモン:
大したことない・・・。)


ロボット店長:さあ覚悟しろトラエモン!!貴様の罪をその命で償ってもらおう!!ヒハハハハハハハハハハハハハ!!


トラエモン:あ、今笑った。


ロボット店長:・・・・・・・・・。


ドガアアアアアアアアアアン!!!


ロボット店長は突然爆発した。ロボット店長はバタッと倒れた。


ロボット店長:私を笑わせるとはな・・・なんて奴だ・・・この勝負お前の勝ちだ・・・!!


トラエモン:オメーが勝手に笑ったんだろ!!つーか何?笑ったら爆発する仕組みだったの!?


ロボット店長:そうさ。私は生まれながらにして「笑ったら爆破病」に悩まされていた。


トラエモン:どんな病気!?


ロボット店長:だから私は絶対に笑わないという自信があった。しかし今日、ついに私を笑わせる者が現れた!!これ以上の至福はない・・・!!


トラエモン:何度も言うようだけど、オメーが勝手に笑ったんだからね!?


ロボット店長:もう何も思い残すことはない。君にこれを授けよう・・・。


ロボット店長は、「部品再生工場店長権」と書かれた紙を、トラエモンに手渡した。


ロボット店長:部品再生工場は君に任せた。さらば・・・!!


ロボット店長はそれ以上、動くことはなかった。


ロボット店長・・・死亡。


トラエモン:ロボット店長・・・お前の熱い想い・・・確かに受け取ったぜ!!


トラエモンは、「部品再生工場店長権」と書かれた紙をビリビリに破いた。第5話に続く。

スポンサーサイト

コメント

なかなか請った事かいてんな~。。
俺なんかしょぼい^^;
忙しくてあんまコレねーけどガンバレヨ!

  • 2006/07/07(金) 21:45:28 |
  • URL |
  • シープ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。