FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第68話   作戦!!


~前回のあらすじ~

ピザの斜塔,第1階戦が幕を開けた!!



人々は,山の頂上目がけて走り出した。


シャイアン:よーし,俺達も急ごうぜ!なんせ100番以内に入らないとリタイアなんだからな!


みんなが走り出そうとした,その時だった。


トラエモン:
あー!!みんなちょっと待って!!


一同:!?


のり太・スメ夫・シャイアン・ムネチ仮面・しずかは,急ブレーキをかけた。その間にも,人々は先に進んでしまう。


のり太:なんだよ!?早く行かないと置いていかれるよ!!


トラエモン:俺は,重大なことを忘れていた・・・。


しずか:えー!?何!?


スメ夫:なんだよ重大なことって!?


トラエモン:実は・・・。


辺りが静まりかえる。


トラエモン:今日は「サザエさん」の放送日だったあああああ!!予約してくるの忘れたよおおお!!!


ムネチ仮面:・・・て,今日は水曜日じゃん!!サザエさんは日曜日だろおおおおおお!!


のり太:いや、それ以前にサザエさんって予約してまで見る価値ねえだろおおおおおおお!!


こうしている間に,人々ははるか先まで進んでしまった。


シャイアン:おい,どうすんだよ!?お前らが漫才やってる間に,みんなあんなに進んじまったじゃねえかあああああ!!


トラエモン:フフフ。こうやってボケたのもちゃんと理由があるのさ。


すると,トラエモンはポケットから道具を取り出した。


トラエモン:じゃーん,ドコでもドアー!!


スメ夫:え!?ドコでもドアでこの大会から抜け出すつもりか!?


シャイアン:お前、もう諦めたのかよ!!


トラエモン:そんな訳ねえだろ!!ドコでもドアで一気にゴールまでワープするのさ!!どうだ,いい考えだろー!!


ムネチ仮面:あーなるほど!!でも、なんかそれってせこくないかーい?


しずか:ええ。もうゴールしちゃうなんて,なんか物語が面白くなくなる気がする・・・。


トラエモン:馬鹿野郎!!ようはゴールすりゃあいいんだ!!物語の面白さなんて関係ないぜえー!!


のり太:(最低のロボットだ・・・。)


トラエモン:よし,じゃあゴール10m手前にワープしよう!!早くドコでもドアの中に入れ!!あのいまいましい球体ロボに見つかる前に!!


トラエモンは、ドコでもドアの中に入った。


スメ夫:へへ!!第1階戦は楽々クリアだー!!


次にスメ夫がドコでもドアの中に入っていった。


しずか:次が私が入るわね。


しずかがドコでもドアの中に入ろうとした,その時だった。ドコでもドアの下に穴が開き、ドコでもドアは奈落の底に落下していった。


ムネチ仮面:ば、馬鹿な!!ドコでもドアが・・・どうしてだよーん!?


球体ロボ:フフフ。残念ながら,その不思議なドアは撤去させてもらいました。


すると、球体ロボがのり太達の頭上を浮遊していた。


シャイアン:て、てめえ!!よくもドコでもドアを・・・!!


球体ロボ:あなた達が第一階戦が始まる前に、こそこそと何かやっているのは分かってました。あのドア、見たところ自由にワープできるようですね。いや、なんとも便利な道具だ。


のり太:ちくしょう、ふざけた真似を・・・!!


球体ロボ:ふざけているのはあなた達です。皆は真面目に大会に参加しているのに、あなた達は反則とも言える行為をしようとした。本当ならここであなた達全員を奈落の底に落とすところです。


しずか:・・・・・・!!


球体ロボ:死ななかっただけでも幸運と思うがいい。では、さらばだ。


球体ロボは、姿を消した。第69話に続く。


スポンサーサイト

コメント

うおおおおおお!
続きが気になるーーーー!!!

  • 2006/12/28(木) 12:07:49 |
  • URL |
  • ガに #2NKnmN5w
  • [ 編集]

お前、何歌うんだ?

あと復活したからコメント&リンクよろ

  • 2006/12/30(土) 00:44:01 |
  • URL |
  • 琴夜 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。