FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

がんばれ,トラエモン!

第63話   十人十色


~前回のあらすじ~

空気砲で人間を発射することになったトラエモン達。さて,一体誰が発射されるのか・・・。



トラエモン:よし,じゃあ誰を発射するかみんなで決めるか。


しずか:私は遠慮しとくわ。女の子だもん。


トラエモン:なに!?それは駄目だ。今の日本は男女平等の社会であるべきで・・・。


するとしずかは、トラエモンの四次元ポケットの中にどら焼きをこっそり入れた。


トラエモン:じゃあ,俺・のり太・スメ夫・シャイアン・ムネチ仮面の5人の中から決めよう。


のり太:おい!!今賄賂が見えたぞ!!


トラエモン:ああ?黙っとけ。文句を言う奴から順番に「まんじゅうラーメン」とか食わすぞ。


のり太:(それは嫌だ!!)


スメ夫:それなら,ジャンケンで決めようぜ!


トラエモン:ダメだ,それはダメだ!!


スメ夫:なんで?平等でいいと思ったんだけど。


トラエモン:だって俺,「グー」しか出せねえじゃん!!


スメ夫:・・・ああ,そういやそうだったな。


シャイアン:なら,かけっこで1番遅かった人!


トラエモン:それもダメだ!それだとのり太とムネチ仮面が明かに不利だ!



ムネチ仮面:何,僕の足の速さが遅いと?フフ,随分とバカにしてくれるじゃないか。これでも昔はサッカーのキャプテンだったんだぞ!?


のり太:(どうしてそんな見え見えの嘘を・・・!?)


シャイアン:じゃあ,かけっこでいいよな。


ムネチ仮面:いや・・・それとこれとは別問題であって・・・それにのり太君も反対すると思うし・・・やっぱりかけっこはやめた方が・・・。


シャイアン:(めちゃくちゃ焦っとる・・・。)


トラエモン:やっぱ平等に決めなくちゃな。そうだ!


するとトラエモンは,四次元ポケットからトランプを取り出した。


トラエモン:平等にトランプで決めよう!


のり太:じゃあ,「ババ抜き」をやろう。


トラエモン:すまん,このトランプ,ジョーカーが入ってないんだ。


スメ夫:じゃあ,「ダウト」


トラエモン:めちゃくちゃ長くなるだろ!!


シャイアン:そうだな・・・「スピード」!


トラエモン:スピードは普通2人でやるゲームだろ!!


ムネチ仮面:ここはやっぱり,「トランプ・ディストラクション」。


トラエモン:そんなゲームねえよ!!


しずか:じゃあ「指スマ」やったら?


トラエモン:トランプ関係ねえだろー!!


結局,トラエモンが提案した「七並べ」をすることになった。


トラエモン:七並べをやって,最後に残った人が空気砲に発射されることにしよう。で,七並べの順番の決め方なんだが・・・。


のり太:あみだくじ!


スメ夫:ジャンケン!


ムネチ仮面:指スマ!


シャイアン:かけっこ!


トラエモン:(こいつらメンドくせえ・・・!!)


次回、七並べ開始!!敗北するのは誰か!?第64話に続く。



スポンサーサイト

コメント

某M先生は、運動は全然駄目だけど足だけはめっちゃ速いらしいよー。
周りの先生達が言ってた。(笑

  • 2006/12/12(火) 21:44:38 |
  • URL |
  • 梨乃 #-
  • [ 編集]

高校になったらM先生のありがたみが痛いほどわかるよ。覚悟せねばあ。

  • 2006/12/14(木) 20:14:30 |
  • URL |
  • プーイ(溥儀) #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する