FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

がんばれ,トラエモン!

第79話   スメ夫の勇気


~前回のあらすじ~

Mr.Hの「地雷電撃波」の罠にかかり、身動きがとれなくなったトラエモン。そしてMr.Hの「メテオ電撃砲」が、トラエモンの体を直撃した!!



トラエモン:ガ・・・・・・ハッ・・・・・・!!


トラエモンは、その場でドサッと倒れた。


Mr.H:メテオ電撃砲。その名の通り、電撃砲に隕石と同様の破壊力を加えたもの。威力は通常の電撃砲の約5倍だ。


スメ夫:ト・・・トラエモン・・・!!)


トラエモン:う・・・・・・・ぐ・・・・・・・。


トラエモンの体が、わずかばかり動いた。


Mr.H:ほう。やはり生きていたか。さすがは高性能ロボットといったところか。


トラエモン:(冗談じゃねえ・・・なんだよ今の攻撃は・・・こんなのもう1度喰らっちまったら・・・!!)


Mr.Hは、再び手から電撃砲を発生させた。


Mr.H:悪いが、君との遊びに付き合うのもここまでだ。


トラエモン:
・・・・・・!!


Mr.H:安心したまえ。さっきも言った通り、トラエモンは殺すなと覇王様から命令されている。だから今から与えるのは軽い一撃だ。その後覇王様の元に連れて行くことにしよう。


トラエモン:俺を捕まえて・・・どうしようってんだ・・・?


Mr.H:何度も言わせるな。答える必要はない。


ガシッ!!


Mr.H:!?


スメ夫:これ以上、トラエモンを傷つけるのはやめろー!!


Mr.Hは、腕をスメ夫に押さえられた。


Mr.H:なんだ貴様は・・・?


トラエモン:ス、スメ夫!?何やってるんだよ!?早く逃げろ!!


Mr.Hは、トラエモンに向けていた電撃砲を、スメ夫に向けた。


Mr.H:貴様のようなゴミには興味はない。消えてもらおうか!!


スメ夫:!!


トラエモン:やめろ・・・やめてくれ・・・!!


Mr.H:発射。


ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!


スメ夫の腹に、電撃砲が直撃した。スメ夫はその場に倒れた。


トラエモン:ス・・・スメ夫おおおおおおおおおおおおおおお!!


Mr.H:お前達は知らなかっただろうが、このピザの斜塔第一階戦では、レース中に意識を失ったり命を落としたりした者は、その場で奈落の底に突き落とされる。


トラエモン:なんだと!?


Mr.H:命に別状は無くとも意識を失ってしまえばゲームオーバーだ。もっとも今の一撃で意識を保っているとは到底・・・。


スメ夫:う・・・うう・・・。


スメ夫は、起き上がろうと必死にもがいていた。


トラエモン:(良かった、まだ生きてる!!)


Mr.H:ほう。電撃砲をあの至近距離で受けてまだ意識があるとは。運がいいとしか言いようがないな。


すると、Mr.Hは再び手から電撃砲を発生させた。


Mr.H:ならばもう1発喰らわせるまで!!


トラエモン:やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


トラエモンは「名工電光丸」を片手に持つと、Mr.Hに突進しに行った。


Mr.H:フン。


Mr.Hはトラエモンの突進を軽くかわした。トラエモンはこけて、また倒れてしまった。


トラエモン:ぐあっ・・・。


Mr.H:のろい。先程の半分のスピードにも達していない。どうやら私の「メテオ電撃砲」で相当なダメージを負っているようだな。


トラエモン:く・・・そ・・・!!


Mr.H:やはりトラエモン、まずはお前からだ。その後そこのスメ夫とかいうゴミも始末するとしよう。


Mr.Hは、倒れているトラエモンに電撃砲を向けた。


Mr.H:最後に言い残した言葉はあるか?


トラエモン:はっ。ねえよんなもん・・・。


Mr.H:そうか。


トラエモン:(すまねえのり太・・・すまねえみんな・・・俺は・・・ここまでだ・・・。)


Mr.H:発射。


ドガアアアアアアアアアアアアアアアアン!!


トラエモン、敗北!!第80話に続く。



スポンサーサイト

コメント

遂に念願の烏龍茶が手にはいったな!こういうのはツボに入るょ!久しぶりに笑えた!

  • 2006/11/12(日) 13:47:47 |
  • URL |
  • ピエ #-
  • [ 編集]

あはは。やっぱおもろいなあ。

  • 2006/11/12(日) 15:21:13 |
  • URL |
  • プーイ(溥儀) #-
  • [ 編集]

・・・1パターンだね、このブログ・・・。

  • 2007/11/07(水) 19:59:34 |
  • URL |
  • THE LIGHT RULER #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する