筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

第118話   八岐大蛇の召喚!!


~前回のあらすじ~

Mr.Aの「死霊の吸収魔術」により、力を吸い取られたトラエモン。無防備のトラエモンに、Mr.Aの「死霊の鉄槌」が叩き込まれた!!



ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!


トラエモンは吹っ飛ばされ、壁に激突した。


Mr.A:ハハハハハハハ!!みなぎる!!力がみなぎるぞ!!


すると、先程トラエモンが切り落としたMr.Aの右腕が自己再生した。


Mr.A:さて。今お前は絶命してもおかしくないほどのダメージを受けたはずだが・・・。


トラエモン:・・・・・・・・・・・・く・・・!!


トラエモンは顔を起こした。


Mr.A:ほう。まだ生きていたか。さすがにしぶといな。


トラエモン:こんなもん・・・痛くもなんともねえ・・・!!


Mr.A:なに?


トラエモン:シャイアン・・・スメ夫・・・お前達が受けた苦しみはこんなもんじゃなかった・・・。死んでいった仲間達の魂をもてあそぶ貴様など・・・!!


トラエモンは立ち上がった。


トラエモン:生かしておくかあああああああああああああああああ!!


トラエモンの目が赤色に染まった。


Mr.A:(このトラエモンは・・・奴がMr.Eを倒した時と同じトラエモン・・・!!)


Mr.A
は背筋が凍るのを感じた。


Mr.A:(大丈夫だ。落ち着いて対処すれば、奴を倒すことなど容易いことだ・・・!!)


トラエモン:秘密道具・・・。


トラエモンは、四次元ポケットから秘密道具を取り出した。


トラエモン:「古代大蛇の亡霊」発動!!出でよ、八岐大蛇!!


Mr.A:(ヤマタノオロチだと!?)


すると、トラエモンの背後にヤマタノオロチが出現した。


八岐大蛇:キシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!


トラエモン:「古代大蛇の亡霊」は、八岐大蛇を召喚することができる。


Mr.A:(く、架空の生き物を呼び出してくるとは・・・!!)


トラエモン:だが当然リスクもある。この八岐大蛇が攻撃するには、俺の右腕・左腕・右足・左足のどれかを生け贄を捧げなければならない。



Mr.A:なんだと!?貴様まさか本当に・・・!?


トラエモン:Mr.A!!貴様のせいで、俺の仲間は・・・!!絶対に許さねえええ!!


Mr.A:(攻撃する気か・・・!!)


トラエモン:俺の右腕を生け贄にして、八岐大蛇攻の攻撃!!


トラエモンの右腕が消滅した。


トラエモン:大蛇の毒噴射(ベノムポイズンバースト)!!


八岐大蛇:キシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!


八岐大蛇の8つの首から、毒の塊が発射された。


Mr.A:(だ・・・駄目だ・・・かわしきれない・・・!!)


ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!


Mr.Aの体に毒の塊が直撃した。


Mr.A:ぐおおおおおおおおおおおおお・・・!!


しかしMr.Aは、八岐大蛇の攻撃を耐えきった。


Mr.A:
フハハハハハハハハ!!右腕を生け贄にした割には大したことないな・・・!!


トラエモン:それはどうかな。


すると、Mr.Aが毒を浴びた箇所が腐食し始めた。


Mr.A:ば、馬鹿な!!なんだこれは・・・!?


トラエモン:八岐大蛇が放つ毒の溶解率は通常の毒の約10倍。毒を浴びた箇所から腐食が始まり、いずれお前の体は朽ち果てる。


Mr.A: く・・・!!だが死霊の力があれば、すぐに再生できる!!


しかし、Mr.Aの体の腐食が止まることはなかった。


Mr.A:(まずい。我の再生より腐食のスピードの方が速い。このままでは・・・!!)


トラエモンは、再び空気砲を装着した。


トラエモン:空気砲、発射!!


Mr.A:(しまった!!腐食に気を取られている間に・・・。)


ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!


Mr.Aの体に空気砲が直撃し、Mr.Aの体の右半分が吹き飛んだ。


Mr.A:ぎゃあああああああああああああああああああああ!!


Mr.Aはバランスを崩して倒れた。


Mr.A:(馬鹿な。空気砲の威力がさっきよろ数倍に膨れあがっている。いやそれ以前に、奴は「死霊の吸収魔術」によってパワーを吸い取られたはず。一体どこからあんな力が・・・。)


トラエモン:まだだ。まだ倒れてもらっては困る。俺の怒りはこんなもんじゃおさまらねえ・・・!!


Mr.A:(つ・・・強すぎる・・・!!)


トラエモン:さらなる秘密道具を発動する・・・。


トラエモンは四次元ポケットから秘密道具を取り出した。


トラエモン:破壊と再生の儀式」!!蘇れ、俺の右腕よ!!


先程消滅したトラエモンの右腕が復活した。


Mr.A:(奴の右腕が元に戻っただと・・・!?)


トラエモン:だがこの秘密道具の効果は、お前にも及ぶ。


同時に、Mr.Aの体の右半分も復活した。


Mr.A:(どういうつもりだ!?せっかく吹き飛ばした我の右腕を・・・。ま、まさか!!)


トラエモンはニヤリとした。


Mr.A:貴様、我の体を何度でも吹き飛ばして、怒りを晴らそうというのか・・・!?


トラエモン:その通り。俺は何度でもお前の体を破壊する!!


トラエモン、Mr.Aを圧倒!!勝利は目前か!?第119話に続く!!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。