FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

第116話    召喚失敗!?


~前回のあらすじ~

邪神との契約の書に、「起」「承」「転」「結」の4文字が全て刻まれた。魔物召喚なるか・・・!?




Mr.A:出でよ!!悪魔神ーPRIMERO!!


書物が黒い光を放ち始め、暗黒城全体が大きく揺れ始めた。


トラエモン:(4文字全て揃ったことで、魔物召喚の条件が揃ってしまった・・・!!)


死霊:オオオオオオオオオ・・・。


Mr.Aの周りにいる死霊達が、次々に書物の中に吸収されていった。


トラエモン:(死霊達が吸い込まれていく・・・!?)


Mr.A:人々の魂を生け贄に、その姿を現すがいい!!


書物から放たれる黒い光がさらに強くなった。


トラエモン:(来る・・・!!)


Mr.A:フハハハハハハハハハアアアア!!さあ、我が元に降臨せ・・・・・・・・・・ん!?


すると、書物から放たれる黒い光が突然消えた。


Mr.A:なに!?光が消えた!?どういうことだ!?


トラエモン:・・・・・・?


結局、魔物は召喚されることはなかった。


Mr.A:何故だ・・・やはり生け贄が足りなかったのか・・・!?


トラエモン:生け贄だと!?貴様、このピザの斜塔で死んでいった者達の魂を生け贄にして魔物を召喚しようとしたのか!?


Mr.A:ああん?ククク。そうだ。悪魔神PRIMEROを召喚には大量の魂が必要になるんでな。


トラエモン:じゃあ・・・貴様達がこの大会で大勢の人々を死に追いやった真の理由は・・・!!


Mr.A:そう!!悪魔神PRIMEROを復活させる為だ!!


トラエモンは、拳を強く握りしめた。


トラエモン:そんな・・・そんなくだらないものの為に・・・シャイアンの・・・スメ夫の・・・みんなの命を奪ったのか・・・!?


Mr.A:くだらないものとは失礼だな。それに人間の命など我にとってはどうでもいいことだ。


トラエモン:く・・・貴様だけは・・・貴様だけは・・・!!


トラエモンは空気砲を外し、四次元ポケットから「矛」と「盾」を取り出した。


トラエモン:絶対に許さねえええ!!


トラエモンは「矛」を持つと、Mr.Aに向かって突進していった。


Mr.A:ククク。どうやら怒りで我を忘れたようだな。そんな単純な攻撃は通用しない!!


Mr.Aの前に、大量の死霊が出現した。


Mr.A:死霊の盾(スピリット・ガード)!!


死霊の盾が、トラエモンの「矛」による攻撃を防いだ。


Mr.A:ハハハ!!無駄な攻撃だったな!!


トラエモン:うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


トラエモンの「矛」が、死霊の盾を貫通した。



Mr.A:(ば、馬鹿な!!我の無敵の死霊の盾を・・・!!)


ズバッ!!


「矛」はさらにMr.Aの右腕を切り落とした。


Mr.A:ぐぎゃああああああああああああああああああ!!


Mr.Aは激痛により叫び声をあげた。


Mr.A:お・・・おのれえ・・・よくも我の腕をおおおおお・・・だが・・・!!


Mr.Aの左手に、死霊が集まった。


Mr.A:不用意に近づきすぎたようだな!!


トラエモン:!?


Mr.Aの手の中に、紫色の波動が形成された。


Mr.A:
死霊の砲撃(スピリット・キャノン)!!


Mr.Aは紫色の球体が発射した。


トラエモン:・・・・・・・・・!!


トラエモンは瞬時に「盾」を構えた。


ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!


大爆発が巻き起こった。


Mr.A:
ハハハハ!!そんな生ぬるい盾で我の「死霊の砲撃」が防げるとでも・・・・・・ん!?


トラエモンは無傷だった。


Mr.A:ば、馬鹿な!?我の「死霊の砲撃」「死霊の盾」が通じないだと!?


トラエモン:残念だったな。この俺の最強の「秘密道具」が発動した今、もう俺に貴様の戦略は通用しない。


Mr.A:秘密道具だと!?貴様のその「矛」と「盾」の力か!?


トラエモン:そう。秘密道具「無敵ホコとタテ全自動式」の力だ。


Mr.A:無敵ホコとタテ全自動式」・・・!?


トラエモン:どんな盾をも貫き通す無敵の矛。そしてどんな攻撃をも防ぐ無敵の盾。この2つがある限り、貴様に勝利が訪れることはない。


Mr.A:フン。随分と反則な道具だな・・・。


トラエモンは、矛をMr.Aに向けた。


トラエモン:俺はお前を許さない。どんな手を使ってでもお前を倒し、しずかちゃんを助け出す!!


Mr.A:ククク。いいだろう。面白くなってきたじゃないか・・・!!


怒るトラエモン!!Mr.Aを倒すことが果たしてできるのか!?第117話に続く。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。