筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

第98話   死霊の鉄槌!!


~前回のあらすじ~

Mr.Aの「死霊の砲撃」をくらったシャイアン。だがシャイアンは耐え、反撃を開始する!!



シャイアン:死霊はお前の戦闘の道具じゃねえ!!それを今から教えてやる!!


シャイアンは完全に立ち上がった。


Mr.A:ほう。すでに死んだ者達の魂に同情でもしているのか?全く理解に苦しむな・・・。


シャイアン:ロボットのお前に理解できないよな。覇王の下で働く為だけに造られたお前には!!



Mr.A:フン。人間の戯れ言に我が耳を貸すとでも思うか?


シャイアン:それに、俺達にはあってお前にはないものがある。それは・・・。


シャイアンは、Mr.Aに向かって走り出した。


シャイアン:友情の絆だあああああああああああああああああああ!!


Mr.A:友情の絆・・・ねえ・・・。


Mr.Aの前に、死霊達が集まりだした。


Mr.A:死霊の盾(スピリット・ガード)!!


シャイアンの攻撃は、死霊の盾に阻まれてしまった。


Mr.A:フハハハハ!!なんと安い絆だ!!我に通常の攻撃など通用しない!!


シャイアン:(スメ夫・・・俺に力を貸してくれ・・・!!)


Mr.A:・・・・ん?


シャイアン:おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


すると、シャイアンの拳が死霊の盾を貫いた。


死霊:オオオオオオオオオ・・・。


Mr.A:ば、馬鹿な!?たかが人間に死霊の盾が破られただと!?


シャイアン:シャイアント・パンチ!!


Mr.A:(く、かわす時間がない・・・!!)


ドガッ!!


シャイアンの拳がMr.Aに直撃し、Mr.Aは吹っ飛ばされた。


Mr.A:ガハッ・・・!!


シャイアン:ハア。ハア。ど、どうだ!!さっきのお返しだぜ!!


Mr.Aは倒れた。が、すぐに起きあがった。


Mr.A:ククククク・・・・・・ハハハハハ・・・・・・!!


シャイアン:(傷がほとんどついていない・・・さすがは覇王の手下ってことか・・・。)


Mr.A:やるじゃないか。我は少々お前を甘く見ていたようだ。だが・・・。


Mr.Aは不気味な笑みを浮かべた。


Mr.A:ここからは我の本気を見せてやろう・・・!!


シャイアンは背筋がゾクッとするのを感じた。


シャイアン:(こいつ、今までと雰囲気が変わった・・・!?)


Mr.A:死霊共!!我に取り憑くがいい!!


すると、次々と死霊達がMr.Aの体内に入り込んできた。


シャイアン:自ら死霊に取り憑かれる気か!?そんなことをしたら死霊達に体力が奪われるはずだ!!


Mr.A:それは我以外に取り憑いた場合だ。死霊を操る我自身に取り憑いた場合・・・。


Mr.Aの体が、どんどんと巨大化していった。


Mr.A:我の体力・スピードを飛躍的に上昇させることができる!!


シャイアン:(な・・・なんだこりゃ・・・奴の体の大きさが2倍・・・いや3倍になっただと・・・!?)


すると、Mr.Aは瞬時にその場から消えた。


シャイアン:なに!?ど、どこ行きやがった!?


Mr.A:ここだ。


Mr.Aは、シャイアンの背後に一瞬で移動していた。


シャイアン:なに・・・!?


Mr.A:死霊の鉄槌(スピリット・クラッシャー)!!


ドガッ!!!


シャイアンの体に、巨大化したMr.Aの拳が直撃した。


シャイアン:ぐあああああああっ・・・!!


シャイアンは吹っ飛ばされ、倒れた。


Mr.A:これが我と人間の差だ・・・。


さらにパワーアップしたMr.A!!シャイアンに勝機はあるのか!?第99話に続く。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。