筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

第54話  左右衛門流究極奥義


~前回のあらすじ~

手に入れた爆弾3個を発射するトラエモンだったが、ことごとく防がれてしまう。ようやく3発目がブリブリ左右衛門に当たったと思ったが・・・!




スタートから3分  1位 オーシャン仮面 2位 トラエモン 3位 ブリブリ左右衛門 4位 のり太


トラエモン:くそ、どうなってんだ!?爆弾は確かに当たったはずだ!!


ブリブリ左右衛門:お前は俺の「豚分身」は2人までしか分身できないと思いこんでいたようだが、それは大きな間違いだ。私はあの時3人に分身してたのだ!!



トラエモン:じゃ、じゃあ、どうやって俺の後ろに・・・!?


オーシャン仮面:私のアイテム「ミニテレポート」を使ったのさ。「ミニテレポート」は10m前後を1度だけ自由にワープすることができる。これで本物のブリブリ左右衛門をトラエモンの後ろにワープさせた。


トラエモン:そういうことか。じゃあ俺の目の前にいたブリブリ左右衛門は、最初から2人とも偽物だったのか!!


ブリブリ左右衛門:その通りだ。無駄に爆弾3発を消費してしまったようだな!!


トラエモン:(なんてコンビネーションだ、オーシャン仮面とブリブリ左右衛門。攻撃も防御も完璧だ。俺に勝つ手段はあるのか?)


オーシャン仮面:おい、ブリブリ左右衛門。そろそろ「アレ」を見せてやったらどうだ?


ブリブリ左右衛門:ん?ああ、そうだな。もう十分楽しめたしな。


トラエモン:(「アレ」?)


ブリブリ左右衛門:お遊びは終わりだ、トラエモン。今から私の究極技を見せてやる!!


するとブリブリ左右衛門は、ズボンの中から1本の刀を取り出した。


トラエモン:か、刀!?テメエ俺を八つ裂きにする気か!?


ブリブリ左右衛門:安心しな。私が使うこの刀は刃が全く研がれていないから、命を奪うことはない。だが威力は抜群だ!!


ブリブリ左右衛門は刀を片手に持つと、バイクの座席の上に立った。


ブリブリ左右衛門:幻術ー「増殖」!!


するとブリブリ左右衛門の腕と刀が,3本,4本と増え始め,ついには10本に増えた。


トラエモン:なんだと、腕と刀が10本に・・・!?


ブリブリ左右衛門:フフフ、今から私の幻術と刀を組み合わせた究極技を見せてやる。


トラエモン:だ,だが,幻術で生み出した刀じゃ,俺にダメージは通らねえはずだ!!


ブリブリ左右衛門それはどうかな。私の幻術によって生み出される攻撃は,相手の脳に錯覚を起こさせ,現実同様の痛みを与える!!さっきの石鹸50個の雨を思い出すといい。


トラエモン:・・・!!


ブリブリ左右衛門:私の究極技を受けて敗れることを、誇りに思うがいい!!


トラエモン:くそ、させるか!!


トラエモンは、四次元ポケットに手をのばした。


ブリブリ左右衛門:幻術ー「幻想の呪縛」!!


トラエモン:!?


すると、トラエモンの四次元ポケットが開かなくなった。


トラエモン:テメエ、今度は何しやがった!?


ブリブリ左右衛門:「幻想の呪縛」の効果で、お前の秘密道具は30秒間封じられる!!


トラエモン:くそ、ふざけた真似を・・・!!


ブリブリ左右衛門:これでもう、お前の小細工は使えない。さあ、いくぞ!!


するとブリブリ左右衛門は、バイクの座席の上から、トラエモンのバイクに向かってジャンプした。


ブリブリ左右衛門→リタイア


トラエモン:自分からリタイアするだと!?


ブリブリ左右衛門:お前を道連れにしてな。あとはオーシャン仮面がゴールしてくれる。


オーシャン仮面:ブリブリ左右衛門!!後は私に任せて、思いっきりやれ!!


ブリブリ左右衛門は,10本の刀を構えた。


ブリブリ左右衛門:左右衛門流究極奥義ー。


トラエモン:(くそ、何か手はないのか・・・!!)


ズババババババババババババババババッ!!


10本の刀が,トラエモンの体を貫いた。
              
             あ しゅ ら
ブリブリ左右衛門:「阿修羅」!!


トラエモン:ガハッ・・・!!



ブリブリ左右衛門の究極技を受けたトラエモン。レースを続行することができるのか!?第55話に続く。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。