FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

第97話   死霊の砲撃!!


~前回のあらすじ~

Mr.Aと対決することになったシャイアン!!果たしてMr.Aを倒すことができるのか!?



Mr.A:死霊の砲撃(スピリット・キャノン)!!


死霊達が紫色の球体に変化し、シャイアン目がけて飛んできた。


Mr.A:消え去れ!!トラエモンの仲間よ!!


ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!


大爆発が巻き起こり、煙が立ちこめた。


Mr.A:仕留めたか?いや・・・。


シャイアン:ゲホッ。ゴホッ。


煙がおさまって、シャイアンが姿を現した。シャイアンは無傷だった。


シャイアン:危ねえ。間一髪でかわしたぜ。


Mr.A:やはり。それでこそ我の遊び相手にふさわしい・・・。



シャイアン:遊び相手って何だよ!!こっちは命懸けで闘ってるんだぞ!?


Mr.A:なるほど。人間の分際で我に勝てるつもりでいるのか。よかろう。力の差を思い知れ・・・!!


すると、シャイアンの周りに死霊が集まり始めた。


死霊:オオオオオオオオオ・・・。


シャイアン:何だ!?何をするつもりだ・・・!?


Mr.A:彷徨いし死霊達よ!!小僧に取り憑くがいい!!


すると、死霊達が一斉にシャイアンの中に入り込んできた。


シャイアン:や、やめろ!!俺の中に入ってくるな!!


Mr.A:死霊の吸収魔術(スピリット・ドレイン)!!


その瞬間、シャイアンの体から全身の力が抜けた。


シャイアン:な、なんだ!?体が重い!!この死霊達のせいか・・・!?


Mr.A:その通り。先程も言ったがこの死霊達はこの大会で死んでいった者共だ。未練を残して死んでいったこいつらは、お前の生身の体を欲しているのだ!!


シャイアン:(くそ・・・力が・・・吸い取られていく・・・!!)


Mr.A:さて。ではもう1度行くぞ・・・!!


Mr.Aの手の平に、死霊達が集まっていった。


シャイアン:(来る!!あの技が!!)


Mr.A:死霊の砲撃(スピリット・キャノン)!!


死霊達が紫色の球体に変化し、シャイアン目がけて飛んできた。


シャイアン:(かわさねえと!!だけど、体が動かねえ・・・!!)


Mr.A:お前に我の死霊の砲撃を止める術はない。存分に味わうがいい!!


シャイアン:く・・・そおおおおおおおおおおお!!


ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!


シャイアンに、死霊の砲撃が直撃した。


Mr.A:ハハハハハ!!どうだ苦しかろう!?ハハハハハ!!


シャイアン:が・・・はっ・・・。


ドサッと、シャイアンが倒れる音がした。


Mr.A:ククククク。たかが人間には我の死霊の砲撃は耐えられまい。そのまま楽になるといい・・・。


シャイアン:・・・・・・・・・。


しかし、シャイアンは奈落の底に落とされなかった。


Mr.A:(小僧が脱落しない?まさかコイツ、まだ意識があるのか!?)


シャイアン:まだ・・・だ・・・!!


シャイアンは、ゆっくりと起きあがった。


Mr.A:ほお。正直驚いたよ。まさか人間のガキに我の死霊の砲撃が耐えられるとはな。


シャイアン:俺は誓ったんだ・・・死んでいった友・・・スメ夫の為にも・・・絶対に生き残るって・・・!!


Mr.A:そのまま倒れていれば楽になれたものを。後悔することになるぞ?


シャイアン:(こいつ強い・・・だけど俺は・・・絶対に負けるわけにはいかねえ!!)


Mr.A:だが死霊に取り憑かれたお前に何ができる?ろくに動くことすらできまい・・・。


シャイアン:死霊が・・・なんだってんだ・・・!!


Mr.A:ああん・・・?


シャイアン:死霊が何だってんだああああああああああああああ!!


するとシャイアンに取り憑いていた死霊が、一斉にシャイアンから分離した。


死霊:オオオオオオオオオオ・・・。


Mr.A:何!?我の死霊達が・・・まさかこの小僧・・・気迫だけで死霊の呪縛を解いたのか!?


シャイアン:死霊はお前の戦闘の道具じゃねえ!!それを今から教えてやる!!


シャイアン、反撃開始なるか!?第98話に続く!!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。