FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

第51話  タッグライディングバトル!!


~前回のあらすじ~

指スマンとの対決が終わったばかりだというのに、「オーシャン仮面」と「ブリブリ左右衛門」と名乗る敵が現れ、バイクのレース勝負を仕掛けてきた!!トラエモンとのり太は受けて立つことに・・・。



トラエモン・オーシャン仮面・ブリブリ左右衛門はバイクに、のり太は自転車に乗ると、全員スタート地点に並んだ。


のり太:ね、ねえ。僕だけ自転車って不公平じゃない?なんかハンデくれよ!!


ブリブリ左右衛門:しょうがない。じゃあ1mだけ前でスタートしていいよ。


のり太:それハンデって言うかな!?


オーシャン仮面:みんな、準備はいいか?いくぞ!!レディ、ゴー!!


オーシャン仮面の掛け声と共に、一斉にスタートした。


のり太:ああ、早速追い抜かれた・・・つーかリタイアしたいんだけど!!


スタートから30秒   1位トラエモン  2位ブリブリ左右衛門  3位オーシャン仮面  4位のり太


トラエモン:どうしたどうした!!遅いぞテメーら!!口ほどにもねえなあ!!


ブリブリ左右衛門:フ、それはどうかな。よく前を見てみるがいい!!


すると3人の10m先には、ハテナボックスが3つ並んでいた。


トラエモン:あ、あれはマリオカートでもよく見るヤツ!!あれでアイテムをGETできるのか!!


オーシャン仮面:その通り。この「タッグライディングバトル」では、アイテムが重要な鍵を握るのだ!


3人は、それぞれ1個ずつアイテムを獲得した。


トラエモンはゴミ箱、ブリブリ左右衛門は石油、オーシャン仮面は火炎放射器を手に入れた。


トラエモン:ゴミ箱!?なんだよゴミ箱って!!何に使えばいいんだよ!!


ブリブリ左右衛門:ハハハ!!知らないのか?大抵のレースゲームでは順位が低ければ低いほど良いアイテム、順位が高ければ高いほど悪いアイテムが手に入るのさ!!


トラエモン:き、貴様ら、それを知ってて俺に1位を譲ってたのか!!


ブリブリ左右衛門:その通り。まずは私のアイテム「石油」をくらいがいい!!


ブリブリ左右衛門は石油をトラエモンの体にぶっかけた。


トラエモン:どわあっ!?めっちゃヌルヌルする!!気持ち悪っ!!


オーシャン仮面:続いて私のアイテム「火炎放射器」の威力を味わうがいい!!


次に火炎放射器の炎が、トラエモンの体に直撃した。


トラエモン:ぐあああああ!!熱っちゃあああああああああああ!!


トラエモンは石油を体に浴びていたため、巨大な炎がトラエモンを包み込んだ。


オーシャン仮面:どうだ?ブリブリ左右衛門の「石油」と私の「火炎放射器」のコンボは!!


ブリブリ左右衛門:コンボ攻撃ができるのも「タッグライディングバトル」の良さだ!!


炎を浴びたトラエモンは、順位が3位から1位に後退した。


トラエモン:あー熱かった・・・俺がロボットじゃなかったら死んでたぞ・・・。


オーシャン仮面:さあどうしたトラエモン。このままだと君に勝機はないぞ?


トラエモン:なめんな!!例えアイテムがクズだとしても、俺には秘密道具があるぜ!!


トラエモンは四次元ポケットから「空気砲」を取り出し、腕に装着した。


ブリブリ左右衛門:それが噂の秘密道具か!


トラエモンは、空気砲の照準をブリブリ左右衛門に合わせた。


トラエモン:まずはお前からだ!!空気砲、発射ぁ!!


ブリブリ左右衛門に向かって、空気砲が発射された!!第52話に続く。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。