FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

がんばれ,トラエモン!

第104話   物体創世神


~前回のあらすじ~

銀の球を奪う為、ディザスターと名乗る男と闘うことになったのり太。のり太は勝つことができるのか!?




明智光秀の前に立方体のブロックが出現し、攻撃が阻止されてしまった。


のり太:ど、どうなってんだよ!?どうやって立方体のブロックを出現させたんだ!?

                                
ディザスター:これが私の特殊能力、「物質創世神(マテリアル・クリエイター)」!!


のり太:マテリ・・・何て!?


ディザスター:私は半径5m以内の場所ならどこからでも「物体」を作り出すことができる。



のり太:(なんだよそれ!!反則じゃん!!ただの人間じゃないだろ・・・!?)


明智光秀:のり太殿、危ない!!


のり太:え?


のり太の上空から、巨大な立方体のブロックが降ってきた。


ドスン!!


のり太:どあああ!!セ、セーフ・・・!!


のり太は間一髪でブロックをよけた。


ディザスター:ククク。ボーッとしてると押し潰されるぞ・・・!!


のり太:(明智光秀が言ってくれなかったら、今頃ペシャンコになってたぞ・・・!!)


明智光秀:のり太殿!!ここは奴と距離をおいて下がった方がいいかと!!


のり太:う、うん。


のり太は数歩後ろに下がった。


明智光秀:おのれえ貴様、よくものり太殿を直接狙ったな!?成敗してくれる!!


ディザスター:フ、ならばかかってくるがいい。


明智光秀:言われるまでもないわ!!


明智光秀は、その場からシュンと消えた。


        らんあんきられつじん
明智光秀:嵐暗綺羅烈人の突き!!


ディザスター:物質防御(マテリアル・ディフェンス)!!


再び、明智光秀攻撃は立方体のブロックに阻止された。


明智光秀:
おのれ、姑息な手を使いおって・・・!!


その時ディザスターは、フッと嘲るように笑った。


ディザスター:
やはりな。お前は明智光秀の力を最大限に引き出せていないようだ。


のり太:なんだって!?


ディザスター:明智光秀の力をもってすれば、こんなブロックなど一瞬で真っ二つにできるはずだ。だが今の明智光秀にはそれができていない。その理由が分かるか・・・?


のり太:まわりくどいな。言いたいことがあるなら早く言えよ。


ディザスター:お前が弱いからだ。


のり太:・・・・・・・・・!!


この一言は、のり太にとってかなりショックだった。


明智光秀:
のり太殿!!こんな奴の言う事などに耳を貸してはならん!!


のり太:う、うん。わかってるよ。


ディザスター:さて。今度はこちらから攻撃する番だ。私が作り出す物体が立方体だけだと思うなよ?


明智光秀:なに!?


するとディザスターの前に、4つの円錐が出現した。


のり太:
げ!!あのブロック先が尖ってる!!あれに当たったらかなり痛そう・・・。)


ディザスター:円錐の狙撃(コニカル・バースト)!!


4つの円錐が、のり太に向かって発射された。


のり太:
う、うわわわわ・・・!!


カキン!!カキン!!


明智光秀は、飛んできた円錐全てをはじき返した。


のり太:
あ、ありがとう。


明智光秀:なに。この程度の攻撃など大したことはない。


ディザスター:ククク。それはどうかな?


すると、今度は16個の円錐が出現した。


のり太:
さっきよりも円錐の数が多くなってる!!)


明智光秀:くそ、あいつは一体何個の物体を作り出すことができるんだ!?


ディザスター:円錐の狙撃(コニカル・バースト)!!


16個の物体が、のり太に向かって飛んできた。


明智光秀
く、ならば全ての円錐を払い落とすまで!!


カキン!!カキン!!カキン!!カキン!!


明智光秀は素早い動きで円錐を打ち落としていった。


明智光秀:
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


しかしさすがに全ての円錐を打ち落とすことはできず、1個だけ明智光秀のい腹に突き刺さった。


明智光秀:
ぐあっ・・・!!


明智光秀の腹からは血がにじみ出てきた。


のり太:
あ、明智光秀!?大丈・・・・・・ぐあっ!?


それと同時に、のり太の腹からも血が噴き出した。


のり太:
血!?そうか忘れてた。明智光秀が受けたダメージは僕も共有するんだった!!)


2人の様子を見たディザスターは、ニヤリとした。


ディザスター:
なるほど。そういう仕組みか・・・。


弱点に気づかれたのり太達!!次回、さらにのり太達が追い詰められる!!第105話に続く。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する