FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第135話  究極!!ヤマグチの進化!!


~前回のあらすじ~

しずかの呪いによって,戦う度に心臓にダメージを受けるのり太。一方トラエモンは,しずかとヤマグチが覇王によって洗脳されていることに気づいた。


FC2ブログランキング


のり太:ウメツの攻撃!!「H2Oクラッシュ」!!


しずか:ヤマグチの攻撃!!「黒魔導・劣破弾」!!


ドガアアアアアアン!!!


ウメツとヤマグチの攻撃が,空中で激しくぶつかりあった。


オーシャン仮面:うおおお!!なんて衝撃なんだ!!


トラエモン:さすがは史上最強の先生同士の戦い・・・!!


しずか:フフ・・・2人のパワーは互角といったところかしら・・・。


のり太:(く・・・・・・・・・。)


のり太は心臓を押さえた。


のり太:(またいつ心臓にダメージがくるか分からない・・・だけど僕は・・・絶対にしずかちゃんの心を取り戻す!!)


しずか:このままだと張り合いがないわね・・・。


するとしずかは,ヤマグチを指差した。


しずか:これからよく見ておくがいい。ヤマグチの姿を!!


トラエモン:(何をする気だ!?)


すると,ヤマグチの体がどんどん変化していった。


のり太:な,なんだ・・・?


しずか:なぜ人が「史上最強の先生」と呼ぶのか,教えてやろう・・・。


だんだん,ヤマグチの体が巨大化していった。


しずか:見せてやろう!!これがヤマグチの本当の姿!!


ヤマグチが,巨大な龍に変身した。


トラエモン:こ・・・こんなことが・・・。


ヤマグチ:グオオオオオオオオオオオオ!!!


龍へと進化したヤマグチの叫び声が,辺り全体に響き渡った。


オーシャン仮面:人間は仮の姿で,これが史上最強の先生の真の姿だったのか・・・!!


のり太:お,おいウメツ!!ヤマグチが龍に進化できたんだから,お前も龍に進化できるだろ!?


ウメツ:いや,どうやったらああなるのか,全然分からない・・・。


しずか:無駄だ。龍への進化は,プレイヤーの力量がある一定の量を超えていなければできない。のり太,今のお前じゃ到底無理だ。


オーシャン仮面:龍vs人間なんて,勝負は見えたようなものだぞ・・・!!



しずか:さて。ヤマグチの攻撃・・・!!


龍と化したヤマグチは,空高く飛翔した。


のり太:く・・・。ウ,ウメツ!!「H2Oバリア」だ!!


ウメツは目の前に水のバリアを張った。


しずか:化学を操る,ウメツの力か。そんなものゴミにすぎん!!


のり太:!!


しずか:黒魔導・暗黒弾」!!


ヤマグチ:グオオオオオオオオオオオオ!!!


ヤマグチの超巨大な攻撃が放たれた。


トラエモン:龍に進化する前とは比べものにならないくらい強力だぞ!!


のり太:(大丈夫だ。ウメツは「H2Oバリア」を張って・・・。)


その攻撃は,ウメツの水のバリアを軽く突き破っていった。


のり太:そんな馬鹿な・・・!!)


ドガアアアアアアン!!!


ウメツ:ぐあああああ・・・!!


ウメツの体に,ヤマグチの攻撃が直撃した。


トラエモン:史上最強の先生へのダメージは,のり太と共有する・・・!!


オーシャン仮面:なんだと!?


のり太は心臓を押さえた。


のり太:ぐ・・・・・・・これくらいのダメージ・・・・・・!!)


ドクン ドクン ドクン


のり太:(!! また心臓へのダメージが・・・!!)


のり太はその場で再び倒れた。


オーシャン仮面:見てられない・・・仲間同士で戦うなんて・・・!!


しずか:無駄よ。ウメツのパワーを「1」とするなら,今のヤマグチのパワーは「100」。差がありすぎるわ。


のり太:(く・・・・・・。)


のり太は立ち上がろうとした。


しずか:それでもまだ戦うつもりか・・・。


再び,ヤマグチが空高く上昇した。


トラエモン:もう1回来るぞ!!かわせのり太!!


しずか:遅い!!「黒魔導・暗黒弾」!!


ヤマグチ:グオオオオオオオオオオオオ!!!


この攻撃をかわせるのか!?


第135話に続く。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。