FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第133話  覇王の手下の正体


~前回のあらすじ~

ついに第4階戦が開始!!そして,のり太と覇王の手下が闘うことになった・・・!!


第4階戦進出者  トラエモン・のり太・オーシャン仮面・タマ・ヤン様・覇王の手下


FC2ブログランキング


トラエモン:のり太,奴は覇王の手下だ。かなり手強いぞ・・・。


のり太:分かってる。だけど僕には「コレ」がある。


のり太はポケットから「モンスターボール」を取り出した。


のり太:史上最強の先生「ウメツ」がいるから,大丈夫だよ。


トラエモン:そうか・・・そうだな・・・。


オーシャン仮面:絶対に勝てよのり太君!!死ぬなよ!!


のり太:うん。


覇王の手下とのり太は,ステージの上にあがった。


球体ロボ:それでは,「のり太選手vs覇王の手下選手」,スタート!!


2人は互いに向かい合った。


覇王の手下:フン。まさかお前と最初に戦うことになるとはな・・・


のり太:・・・・・・・・・・・・・・・。


覇王の手下:・・・まだ気づかないか。


のり太:気づく?何に?


覇王の手下:私の本当の正体に。私はお前を知っている。お前は私を知っている。


のり太:お前を知っているだって?お前と知り合いになった覚えなどない!!


覇王の手下:そうか。だがこれを見れば,さすがのお前も分かるだろう。


覇王の手下は,ポケットからモンスターボールを1個取り出した。


覇王の手下:史上最強の先生の1人,「ヤマグチ」を召喚!!


ヤマグチ:グオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


史上最強の先生が,叫び声をあげながら現れた。


トラエモン:史上最強の先生だと!?


のり太:そんな馬鹿な!!史上最強の先生「ヤマグチ」は僕がしずかちゃんに渡したはずだ!!それが何故・・・。


その時,のり太は悟った。


のり太:そ・・・そんな・・・まさか・・・いや・・・そんなはずない・・・。


覇王の手下:・・・・・・・・・・・・・・・。


オーシャン仮面:トラエモン,史上最強の先生「ヤマグチ」は,世界に1人だよな・・・。


トラエモン:ああ・・・・・・間違いない・・・・・・。


覇王の手下:そう・・・私の正体は・・・。


のり太:や,やめろ!!


覇王の手下は,仮面を投げ捨てた。


それは紛れもなく,しずかの顔であった・・・。


第134話に続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。