FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

第82話  共闘!!


~前回のあらすじ~

トラエモンはMr.Hに対し、秘密道具「デス・44・カウントダウン」を使用、その効果でMr.Hを見事葬った。



ーゴール10m手前にてー


トラエモンはMr.Hを倒すと、目の色が元に戻った。


トラエモン:あれ・・・俺は一体・・・?


トラエモンはスメ夫が死んだ後、自分がしたことを思い出した。


トラエモン:(そうか・・・俺はMr.Hを殺したのか・・・だけど・・・あれは本当に俺がやったのか・・・?)



自分がとった行動に、トラエモンは何か違和感を覚えていた。


トラエモン:(俺があんな残酷な秘密道具を使って人を殺すなんて・・・いやそれ以前に「デス・44・カウントダウン」なんて秘密道具は俺は持っていなかったはず・・・。)




(トラエモンの回想シーン)


Mr.Hは、倒れているトラエモンに電撃砲を向けた。


Mr.H:最後に言い残した言葉はあるか?


トラエモン:はっ。ねえよんなもん・・・。


Mr.H:そうか。


トラエモン:(すまねえのり太・・・すまねえみんな・・・俺は・・・ここまでだ・・・。)


Mr.H:発射。




トラエモン:(あの時、スメ夫が俺の身代わりになっていなかったら、俺は死んでいた。スメ夫・・・。)


トラエモンは、小さなスメ夫の墓を作った。


トラエモン:(お前の犠牲は無駄にはしない。必ずこの大会の主催者、覇王を殺す!!)


その時、遠くから人々の声が聞こえてきた。


トラエモン:ゲッ!!もうあんなに人がゴール目前まで来てる!!そうだ、のり太達を助けにいかないと!!


トラエモンは秘密道具「タケコプター」を装着すると、スタート地点に向けて全速力で飛び立った。


トラエモン:(待ってろ、のり太、みんな!!今行く!!)



ースタート地点にてー


そこでは、Mr.Eとシャイアンが向かい合っていた。


※Mr.Eとの戦いは、第72話 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話 参照。


Mr.E:さて。鬼ごっこはもう終わりだ。そろそろ決着をつけようじゃないか・・・!!


Mr.Eは、近くに落ちていた木の枝を拾い上げた。


Mr.E:さっきのパンチは痛かったよ。だけど僕は受けた苦しみは倍にして返す性格なんだ。だからこの木の枝を君の腹に突き刺して、苦痛と絶望の中で死においやってやろう!!


シャイアン:・・・・・・・・・。



ー3分前ー


シャイアン:しずかちゃん、聞いてくれ。俺に作戦があるんだ。


しずか:作戦・・・?


シャイアン:俺がMr.Hを引きつける。その隙にしずかちゃんは、木の上からMr.Hに向けて「ジャンボガン」を発射してくれ。


しずか:えっ!?でもMr.Eにはジャンボガンは効かなかったじゃない!!


シャイアン:大丈夫。その先は考えてある。問題は、しずかちゃんがジャンボガンをMr.Eに命中させることができるかだ。もし外したら、しずかちゃんの位置がばれて確実に殺される。


しずか:む、無理に決まってるじゃない!!鉄砲なんて触ったこともないし・・・。


のり太:僕も・・・手伝うよ・・・。


のり太は、腹を押さえながら立ち上がった。


しずか:の、のり太さん!?怪我は大丈夫なの!?


シャイアン:もやし、無理するな!!第一お前に何ができるんだよ!?


のり太:僕があやとりと射撃の名人だってことは知ってるだろ・・・だから僕がしずかちゃんに指示を出す・・・。


しずか:のり太さん・・・!!


のり太:本当は僕が撃ちたいんだけど・・・この有様だしね・・・。


シャイアン:分かった。ジャンボガンはもやしとしずかちゃんに任せる。俺が合図を送ったら、ジャンボガンを発射してくれ。




Mr.E:さあ、死ぬがいい!!


Mr.Eは、木の枝を構えた。


シャイアン:(今だ、しずかちゃん!!)


シャイアンは、しずかとのり太に合図を送った。


のり太:ジャンボガンをもうちょっと下に下げて!!あともう少し右!!よし今だ!!


しずか:ジャンボガン、発射!!


しずかは、Mr.Eに向けてジャンボガンを発射した。果たしてMr.Eを倒せるのか!?第83話に続く!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。