FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

がんばれ,トラエモン!

第124話  トラエモンの敗北


~前回のあらすじ~

仲間を殺してしまったショックから今だ立ち直れないトラエモンは,タマに追い詰められてしまう。秘密道具もない今,トラエモンは「闇融合」を使えるのか!?


第2階戦クリア7名  のり太 オーシャン仮面 タラオ マスオ ハタコ ヤン様 覇王の手下


クリア人数,残り1名!!


FC2ブログランキング


トラエモン:(俺に残されたポケモンは,カメックスとフシギバナの2匹・・・。)


タマ:次のポケモンを出すのニャ!!一撃で粉砕してやるのニャ!!


この様子を,のり太とオーシャン仮面は檻の中から見ていた。


オーシャン仮面:トラエモン,闇融合を使うんだ!!


トラエモン:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


オーシャン仮面:君が覇王と戦うためにも,こんな所で死んじゃだめだろ!!使うんだ!!


トラエモン:(闇融合の力を使えば,この2体を合体させることができる。だけど・・・。)


トラエモンは,以前自分が「闇融合」を使って仲間を殺した姿を思い出した。


トラエモン:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


のり太:トラエモン・・・。


トラエモン:俺には・・・できない・・・これ以上・・・誰も傷つけたくない・・・。


オーシャン仮面:なに!?


トラエモン:闇融合は・・・使えない・・・!!


タマ:早くするのニャ!!いい加減待ちくたびれたニャ!!


するとトラエモンは,タマに背中を向けた。


タマ:・・・ニャ?


トラエモン:この勝負,俺の負けだ。銀の球は好きにしてくれ。


トラエモンは,そのまま歩き出しだ。


のり太:え・・・!?


オーシャン仮面:な,なにをしているんだ!!第3階戦に進めない者は脱落して死ぬんだぞ!!皆の犠牲を無駄にするつもりか!?


トラエモンは一瞬止まったが,再び歩き出した。


トラエモン:皆の死が俺の死で償えるのなら・・・俺はそれでいい・・・。


タマ:なんだかよく分からないけど・・・やったニャ!!これで僕も銀の球GETだニャ!!


タマは銀の球を拾い上げると,檻に向かって走り出した。


オーシャン仮面:トラエモン,まだ間に合う!!タマから銀の球を奪って,一緒に第3階戦に進むんだ!!


しかしもう遅かった。タマは銀の球を持って,檻の中に入った。


タマ→第3階戦進出決定!!


第3階戦進出の8名が,ついに決まった!!


のり太:トラエモンが脱落・・・?トラエモンは死ぬのか・・・?


オーシャン仮面:トラエモン・・・所詮ここまでの男だったのか・・・。


マスオ:サザエさん一家の生き残りは3名か・・・ま,いいだろう。


ハタコ:ワタシ第1階戦してないけど,別にいいわよね!?


タラオ:第3階戦の競技種目は何かなー。頑張るDEATHー!!


ヤン様:韓国の恐ろしさ,皆に思い知らせてあげましょう。


タマ:ニャーッハッハッハッハ!!ぎりぎりでクリアしたけど,とりあえず安心ニャ!!


覇王の手下:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


檻の外で,トラエモンが上を見上げていた。


トラエモン:(俺もまもなく死ぬのか・・・。)




ーピザの斜塔の頂上ー


ここでは大会の主催者(覇王)が,モニターで第2階戦の様子を見ていた。


覇王:トラエモンが脱落・・・か。まあ想定の範囲内だ。奥の手はまだあるからな。フフフ・・・。


覇王はその場で,「球体ロボ」と書かれたボタンを押した。




第2階戦をクリアした8人の前に,球体ロボが出現した。


球体ロボ:みなさん,第2階戦クリアおめでとうございます!!あなた方8名には,第3階戦に進む権利が与えられましたーー!!


次回,第3階戦スタート!!トラエモンは・・・?


第125話に続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する