FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第84話 脱出!!

支配者:さすがに・・・もう・・・更新が・・・つらい・・・バタッ。

~前回のあらすじ~
ハタコに敗北したトラエモン。そして,隠れ家はもう爆発寸前だ。


ー爆発まで,あと50秒ー

トラエモンは,今だに意識を失ったままであった。

のり太:トラエモン起きろー!!あと50秒で爆発するぞー!!

すると,トラエモンは目を覚ました。

トラエモン:う~ん・・・ラーメンとギョウザが浮気して爆死して,え~とえ~と・・・

ギャハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!


のり太:ト,トラエモンが壊れたあー!!

トラエモン:いや,冗談ね。

のり太:冗談かっ!?

ー爆発まで,あと40秒ー

トラエモン:う~ん。一体どうしたら脱出できるだろう・・・。

のり太:そうだトラエモン!!「ドコでもドア」で脱出すれば・・・。

トラエモン:何度言えばわかる!?「ドコでもドア」はバラバラになったって言っただろーー!!

のり太:じゃ,じゃあ,「タイムフロシキ」で直せば・・・。

トラエモン:それは無理だ。タイムフロシキでドコでもドアを直すためには,壊れたドコでもドアの上に,タイムフロシキをかぶせなければならない。

のり太:じゃあ,かぶせりゃいいじゃん!!

トラエモン:それが・・・壊れたドコでもドア,置いてきちゃった。

のり太:アホタレーーーーーーーーーーーー!!

ー爆発まで,あと30秒ー

トラエモン:・・・のり太。

のり太:ん?何かいい方法でも思いついたのか!?

トラエモン:死ぬ覚悟はできたかな?

のり太:ええーっ!!この人もうあきら
めちゃってるよ!!まだあきらめんなーーーーーーーーー!!

トラエモン:く,くそー!!何かいい方法はねえのかー!!

トラエモンは,秘密道具を片っ端から出し始めた。

ー爆発まで,あと15秒ー

トラエモン:・・・終わった。

のり太:終わってない終わってない!!何か必ず,使える道具が・・・。

するとのり太は,「取り寄せバッグ」を見つけた。

※取り寄せバッグ・・・なんでも取り出せるバッグ。

14・・・13・・・12・・・

のり太:・・・そうだ!!トラエモン,「取り寄せバッグ」で壊れたドコでもドアを取り出して,タイムフロシキをかぶせれば・・・。

トラエモン:ゴメン,それ故障中。

のり太:はあああああああーーーー!?

トラエモン:もうあきらめろ,のり太。どうせなら俺は,楽に死にたい。

そう言うとトラエモンは,睡眠薬を飲んで寝始めた。

のり太:く・・・僕はまだあきらめないぞ!!

11・・・10・・・9・・・

のり太:なら,こうすれば・・・!!

のり太は,故障している「取り寄せバッグ」の上に「タイムフロシキ」をかぶせ,「取り寄せバッグ」を直した。

のり太:よっしゃあ!!直った!!

8・・・7・・・6・・・

そしてのり太は,直った「取り寄せバッグ」から壊れた「ドコでもドア」を取り出し,「タイムフロシキ」を壊れた「ドコでもドア」の上にかぶせた。

そしてついに,ドコでもドアが直った!!

のり太:やった・・・やったよおおおおおお!!

5・・・4・・・3・・・

そしてのり太は,寝てしまったトラエモンを引っ張って,「ドコでもドア」の中に入っていった。

2・・・1・・・

ドガアアアアアアアアアアアアアン!!!

隠れ家が大爆発した。



のり太とトラエモンは無事,ピザの斜塔・第2階戦のステージに戻ってくることができた。

トラエモンが目を覚ました。

トラエモン:・・・ハッ!?お花畑!?そうか,俺は死んだのか・・・。

のり太:違う,よく見ろ!!ここはピザの斜塔の第2階戦のステージだぞ!!

トラエモン:あ,本当だ。戻って来れたんだ・・・。

のり太:あ!!

トラエモン:ん,どうした?

のり太:ムネチ仮面置いてきた・・・。

トラエモン:・・・・・・。

こうしてトラエモンとのり太は,第2階戦に復帰することができた。

第85話に続く。

スポンサーサイト

コメント

まだピサの斜塔だったのかよう~

  • 2007/04/28(土) 08:01:17 |
  • URL |
  • 私はPです (ぷーい) #-
  • [ 編集]

>ぷーい
「ピサの斜塔」じゃなくて「ピザの斜塔」だぞ!!(どーでもいい

  • 2007/04/28(土) 10:32:09 |
  • URL |
  • 支配者 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。