FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

「がんばれ、トラエモン!」を見たい人は、以下のURLにアクセスしてください!!


http://ishibashitoshiya.blog71.fc2.com/blog-entry-290.html



スポンサーサイト

がんばれ、トラエモン!

第24話  「あつい」って言え!!


~前回のあらすじ~

コーヒー屋の店長と、暑さ我慢対決をすることになったトラエモン。しかし、トラエモンは少しずつ追い詰められていく・・・!!



この2人の対決を、のり太は外でじっと見ていた。


のり太:(うわー。暑さ我慢対決なんて、見てるこっちも暑いよ。つーか早く「ピザの斜塔」に行きたいのに、何やってんだよ!?)


一方、部屋の温度はすでに80度を越えていた。


トラエモン:(も、もう限界だ。目の前がクラクラしてきた。つーか何で俺はこんなくだらない事やってんだ・・・?)


店長:さあ、このままでは君は気絶してしまうよ?悪いことは言わない、早く降参したまえ。ククク。


コーヒー屋の店長は、80度を超えたにもかかわらず、顔色1つ変えていなかった。


トラエモン:お、おかしいぞ・・・!!80度を超えてんのに、なんで平気な顔してられるんだよ・・・!!


すると、コーヒー屋の店長はニヤリとした。


店員:私はね、体の中にある温度を受容する器官を麻痺させているのだよ。だから例え部屋の温度が100度を超えようが、全然平気なのさ。


トラエモン:ひ、卑怯だぞ・・・!!それじゃ最初からお前の勝ちは決まってんじゃねえか・・・!!


店員:卑怯?ククク。それはこの勝負を受けてしまったアナタにも否があるんじゃないですか?


トラエモン:ク・・・。


店員:さあ、これであなたに勝ち目が無くなったことは十分に分かったはず。降参しなさい。


トラエモン:(ま・・・まだだ・・・俺には秘密道具がある・・・これで何とかしてやる・・・!!)


しかし、トラエモンの手はすでに汗でかなり濡れており、秘密道具を手でつかむことができなかった。


トラエモン:(ひ・・・秘密道具も封じられた・・・もう・・・駄目か・・・。)


トラエモンの目は死人のようになり、頭には「諦める」という文字が浮かんでいた。


トラエモン:(俺が・・・俺が一言「あつい」と言えば・・・この勝負は終わる・・・。)


店員:もっとも、この勝負であなたが負けた場合、ミミズと結婚することになりますがね。


トラエモン:
・・・・・・!!


この店員の一言で、トラエモンは目が覚めた。


トラエモン:(この俺が・・・ミミズと結婚だと?ふざけやがって!ミミズと結婚なんてしたら、周りの人達になんて言えばいいんだよ!?)


トラエモンは、死人の目から生者の目へと戻った。


店員:(こいつ、まだ諦めないつもりか・・・!!)


トラエモン:俺は絶対に負けない!!そしてお前を倒す!!


次回、コーヒー屋の店員vsトラエモン、決着!!第25話に続く。


PTSD  プラモデル 作ったから 早速 大爆発 

最近,「教師が生徒を殴って懲戒処分にされた。」などのニュースをよく聞くけど,



時代は変わったもんだねー。俺が小学校の時の先生なんて毎日ビンタしてたぞ。(汗



1番ひどかったのは,先生がガラスビンを投げて,生徒に針を縫う怪我をさせたことだ。(実話)



うーん。今思えばなんで逮捕されなかったんだろうか。



まあそこは学校の威厳にかかわるものだから,隠滅したのかもしれないな・・・。



それはそうとニュースを見てて驚いたのは,



「先生が生徒に『血が汚れている』などの暴言を吐き,生徒がPTSD(心的外傷後ストレス障害)に陥り,親が4600万円の慰謝料を請求した。」



というものだ。「血が汚れている」って言われただけで普通PTSDになるか??



しかも4600万円って高すぎじゃね!?ひょっとしたら生徒がPTSDになったというのは大嘘で,親子の計画的な策略かもしれないな・・・。(ぇ



よし!!じゃあ俺もPTSDのふりをしy(殴



みんなもPTSDになって,ひと儲けしとうぜ!!(ぉぃ   では!!



FC2ブログランキング←みんな押さないと,俺がPTSDになるかも!?



がんばれ、トラエモン!

第38話  モンスターGET!!


~前回のあらすじ~

アンハンマンはトラエモンをあと1歩の所まで追い詰めらたが、ハタコさんがアンハンマンの新しい顔を作るのに嫌気がさしたらしく、トラエモンが見事逆転勝利した!!



ハタコ:へえー。アンハンマンを倒すなんて、あなた達なかなかやるじゃない。


トラエモン:半分お前のせいじゃね!?


ハタコ:そういえば、あなた達ここから出たいんでしょ?帰り道のルートを教えてあげるわよ。


のり太:え、いいの!?


トラエモン:やけに親切じゃねえか。お前はアンハンマンの味方だったんじゃねえのか?


ハタコ:生憎私はアンハンマンに何の興味もなくてね。ただ行く場所がなかったからアンハンマンと一緒に住んでただけよ。


のり太:ふーん・・・。


ハタコ:あ、そうだ。あなた達これが欲しくてここにやって来たんでしょ?


ハタコさんは、ポケットからモンスターボールらしき物を取り出した。


ハタコ:この中には、圧倒的な力を誇るモンスターが封印されているわ。


のり太:え?この中に!?一体どんなモンスターが封印されてるの!?


ハタコ:わからない。


トラエモン:は?どういうことだよ?


ハタコ:残念ながら、私もアンハンマンも、このモンスターの封印を解くことができなかったわ。だけどあなた達なら、この封印を解くことができるかもしれない・・・。


のり太:・・・・・・・・・。


トラエモン:のり太、もらっとけよ。


のり太:え、いいの?


トラエモン:俺には秘密道具があるから、モンスターなんて必要ないんだよ。


のり太:あ、じゃあ遠慮なく。


のり太はハタコさんからモンスターボールを受け取ると、ポケットの中に入れた。


トラエモン:ところでハタコさん。聞きたいことがある。


ハタコ:なに?


トラエモン:アンハンマンは「シャムおじさん以外の人類抹殺計画」を実行する為に、人間を殺す病原体を作っていると言ってたけど、あれは・・・。


ハタコ:ああ、あれは嘘よ。アンハンマンが病原体を作っているところなんて見たこともないわ。


のり太:え!?嘘だったのかよ!!


ハタコ:最近のアンハンマンはシンナーを吸い始めて、いつも幻覚を見てるの。だから人間を殺す病原体を作っている気になってただけだと思うわ。


のり太:(国民的ヒーローがシンナー!?)


その時、トラエモン達のいる場所が、地響きと共に大きく揺れた。


のり太:うわわわっ!!なんだこの揺れ!?


ハタコ:早くここを出た方がいいわよ。間もなくここは崩壊する。


トラエモン:え!?なんで!?


ハタコ:この場所はアンハンマンの生命反応が途絶えたら自動的に爆発する仕組みになっているのよ。命が惜しいなら早く逃げなさい。


のり太:大変だよトラエモン!!早くここから脱出しよう!!


トラエモン:ああ。ハタコさん、お前はどうするんだ?


ハタコ:私はすでに脱出の準備は済ませてある。はあ。これから新しい宿を探さなくちゃね。それじゃ、またどこかで会いましょう。


ハタコさんは2人の前から姿を消した。


アナウンス:爆発まで、あと3分ー。


のり太:トラエモン、急ごう!!


トラエモン:ああ!!


トラエモンとのり太は、ハタコさんから教えてもらったルートを進んだ。


しかし、この後とんでもない事が起きた。2人は途中で壁につきあたってしまったのだ。


のり太:トラエモン、これって・・・。


トラエモン:行き止まりかよ!?


アナウンス:爆発まで、あと1分ー。


トラエモンとのり太は、無事脱出することができるのか!?第39話に続く。



アドバンテージ!!

席が教卓の前になって2日が経過した・・・。



案の定苦しいものではあったが,それなりにその場所の利点を発見することができた。それは!!



テスト返却時,皆の点数を覗ける。



・・・というものだ。(ぉぃ



しかし全ての教科において覗けるかと言うとそうでもない。先生には2つのタイプが存在する。



①答案用紙を手に持って配る型



②答案用紙を机に置いて配る型



①のタイプの場合は覗くのは100%不可能だが,②のタイプは100%覗けるというわけだ。



宮○先生と甲○先生が②のタイプに該当する。



つまり俺は,クラス全員の数B・数Ⅱの点数はほぼ把握できているというわけだ!!



最低?フッフッフッ。ああそうさ。俺は最低な男だ。



だが君達は教卓の前という苦痛を味わったことがあるか?内職が全て封じられるという苦痛を!!



よってクラス全員の点数が分かるアドバンテージがあってもおかしくはない。←おかしい



フ,だから「アイツの点数が知りたい」と思ったら俺の所まで来るがいい。そしたら教えてやろう。



1口100円で。(死


              

以上,筆箱の支配者のダークサイドでした・・・。


天国。そして天国。

試験1週間前くらいに中国で大規模な地震が起きたな・・・。



日本にも来い・・・!!(ぉぃ



震源地が学校の真下とかだったら,レンガ崩壊でしばらく学校休校・・・?



いや,地震じゃなくとも誰かがダイナマイt(殴



さすがに学校全壊はまずいか。3分の2壊程度で。(ぇ



マグニチュード8とか鬼強い地震じゃなくてもいいから,とにかく電車が止まるくらいの地震が欲しい。



あーとにかく台風でも地震でもいいから早く来てくれよ・・・イライラするよぉ!!



なぜ俺がこんなに学校に来るのを嫌がっているのかというと・・・?



席替えで教卓の前になったから。(泣



くっそー。これから内職はできないのか・・・地獄かって!?



がんばれ、トラエモン!

第39話  基地からの脱出!!


~前回のあらすじ~

アンハンマンの基地が崩壊する前に、ハタコさんから教えてもらったルートを進み、脱出しようとしたトラエモンとのり太。しかし、なんとそこは行き止まりだった!!



トラエモンとのり太が行き止まりで困っていた頃、ハタコさんはすでに自家用ジェット機で脱出していた。


ハタコ:あの2人、ちゃんと脱出できたかしら?ただ脱出のルートを教えるのは面白くなかったから、嘘のルートを教えてみたんだけど。フフフ。




ーアンハンマン基地内ー


アナウンス:爆発まで、あと1分ー。


トラエモン:くっそーハタコさんの野郎!!嘘のルートを教えやがったなああああああ!!


のり太:ど、どうしようトラエモン!!さっきの所に戻るか!?


トラエモン:馬鹿野郎!!ここに来るまでに2分かかったんだから、さっきの所に戻ってたら途中で爆発しちまうぞ!!


アナウンス:爆発まで、あと50秒ー。


のり太:じゃ、じゃあどうすりゃいいんだよおおおおおおおおおおおお!!


武藤勇気:フッフッフ。どうやらお困りのようだな。


トラエモンとのり太の前に、なんと武藤勇気が現れた。


トラエモン:お前はアンハンマンの部下4人の1人、武藤勇気!?何故だ!?お前は俺との戦いに敗れて死んだはず!?


武藤勇気:ふはははは。それはどうかな。魔法カード「死者蘇生」を発動していたのさ!!


アナウンス:爆発まで、あと40秒ー。


のり太:そんなことはどうでもいい!!もうすぐここは爆発するんだ!!君の遊戯王カードの力でなんとかできないのか!?


武藤勇気:脱出か。そんなもの、俺とカード達の絆をもってすれば、簡単にできるぜ!!


のり太:じゃ、じゃあ協力してくれ!!


武藤勇気:協力?やなこった。俺をあんな目に遭わせやがって。結構痛かったんだからなあ!!


トラエモン:あれはお前のクリボーがお前に襲いかかって勝手に自滅したんじゃねーか!!


アナウンス:爆発まで、あと30秒ー。


武藤勇気:とにかくお前らと協力なんて死んでも御免だ。俺は俺1人の力でここから脱出する。俺のターン、ドロー!!


武藤勇気は、デュエルディスクからカードを1枚引いた。


武藤勇気:来た!俺の引いたカードは、罠カード「シフトチェンジ」!!このカードの効果で基地の外にいる人間と俺の位置を入れ替えることができる!!


のり太:な、なに!?それじゃお前の代わりに誰かがこの爆発に巻き込まれるってことか!?


武藤勇気:その通り。俺は自分以外の人間がどうなっても別に構わないのさ!!


トラエモン:貴様!!「遊☆戯☆王」の主人公としての自覚はあんのか!?


のり太:(お前も似たようなもんだろ!!)


アナウンス:爆発まで、あと20秒ー。


武藤勇気:では、さらばだ。「シフトチェンジ」発動!!


「シフトチェンジ」の効果で武藤勇気の姿は消え、代わりに現れたのは・・・?


ダンティ坂野:え・・・ここどこ!?・・・・・・・・・・・・・ゲ、ゲ、ゲッツ!!アンドターン!!


のり太:(あ、お前が来たんだ・・・。)


トラエモン:お前なら別にいいか・・・。)


ダンティ坂野:アンドターン!?アンドターン!?アンドタアアアアアアアアアアアン!?


ダンティ坂野は、パニックでどこかに行ってしまった。


アナウンス:爆発まで、あと10秒ー。


トラエモン:ああ、もう10秒じゃねーか!!どうすりゃいいんだああああああああああああ!!


トラエモンとのり太は、アンハンマンの基地から脱出することができるのか!?第40話に続く。


あーGWがあと1日しかないー。

バッティング・センターに行ってきた。また1人っつーのもアレなんで地元の友達を誘ったけどな!!



その友達が言うには,バッティング・センターの近くに600円のバイキングがあるらしい・・・。



まっさかー。もしあったとしても3種類ぐらいしか料理ねーんだろ!!と言った俺。



しかしその友達が言うにはかなりいい
らしい。



そしてその店に到着。見た目はかなり小さく,本当にバイキングなのか疑った。だが中に入ると,



スパゲティ,うどん,ひじき,焼きそば,カレー,もち,フルーツポンチ,とんかつ



などその他いろいろな料理が並んでいたのだ!!



これで600円。利益はあるのか!?(汗



しかも友達が半額券を持参していたので,実質300円で食べ放題だった。



うーん。バイキングといえば2000円近くかかるイメージしかなかったからなー。驚いたぜ!!



まあ,そんなに遠くないんで,俺も暇ができたら行こうかな。では!!



FC2ブログランキング←クリックしたらジャンケンで勝てる確率が上がる!?



【“あーGWがあと1日しかないー。”の続きを読む】

あーGWが半分すぎたー。

今日はなんと従兄弟が遊びに来た。遊びに来たと言っても,従兄弟は大学生だけど。



高校生と大学生が一緒に遊ぶって・・・どうよ!?(汗



どうやら大学生は相当お暇なようで。わざわざ長崎から遊びに来てくれたのでした。



まあ,行く予定だったバッティングセンターも今日は休みであることが判明し,俺もかなり暇だったから丁度よかったんだけどね。(笑



で,プレステの「グランドバトル2」をやろうとしたんだけど,



コントローラーの1つがぶっ壊れてた。(泣



まあ,プレステなんて何年ぶりだよって感じだったからね。仕方ない仕方ない。



結局コントローラーの1つを使い回して「グランドバトル2」をやった・・・。



まあ,最初の方は久しぶりだったからなかなか楽しめたんだけど,



3時間を過ぎたあたりから飽き始め・・・。



その後トランプをやった。(ぇ



高校生と大学生がトランプって・・・感動だね!!



しかしここで問題発生。トランプの枚数を数えてみると,



53枚しかなかった。



この瞬間,「ばばぬき」「七並べ」などの遊びが消滅。結局スピードを2時間くらいやった・・・。



まあ,なんだかんだ言って結構楽しかったかなー。



明日はバッティングセンターに行きます!!多分!!



FC2ブログランキング←クリックしたらGWが1日延びるとか延びないとか。



【“あーGWが半分すぎたー。”の続きを読む】

ゴールデンウィーク!!

今日はバッティングセンターに行ってきたぜー!!



スポフェスではバスケを選択するつもりだから野球やっても意味ないんだけど,



なんだかスフトバンク戦見てたら無性にやりたくなってねー。



しかし問題が発生。



柳○にはバッティングセンターが無い!!(泣



だからワザワザ隣りの市まで自転車漕いで行ってきたよ。そこまでする必要があったかどうか・・・。



そしてバッティングセンターに到着し,ボールの速さ「時速85km」を選択。



ちなみに俺がバットを持つのは去年のスポフェス以来である。(汗



で,1プレイ(30球)300円でやってみたんだけど,



最初のほうは空振りのオンパレード。



やべえよ俺!!完璧に感覚鈍っちゃってるよー!!と焦る俺。



しかし後半になると慣れてきて,結構遠くまで飛ぶようになったぜ!!ウッシャッシャ!!(誰



結局3プレイやって900円も使っちゃったー。バッティングも意外と楽しいもんですよ。



明日も多分行きます!!暇なんで。(汗



追記

ソフトバンクは現在5位だけど,松中の調子が上がってきたNE!!これからも期待大です!!



【“ゴールデンウィーク!!”の続きを読む】

今日は5月2日!!エイプリルフールではない!!

帰宅途中に,横断歩道の前に立っている親子を見つけた。



子どもの年齢は,3,4歳といったところだろう。



親は横断歩道を渡ったものの,子どもはボーッと立ったままだったので,親が子どもの所に戻って,



母親:さっさと渡らんかああああああああ!!



と叫び,バチーン!!と後頭部を叩き,子どもは地面に倒れた。



やりすぎだろそれは!!と思った俺。しかし!!



子どもは何事もなかったかのように,再び起き上がった・・・!!



ひょっとして・・・。



慣れてる!?(汗



普通あれは泣くだろ!!なんで泣かないんだよ!?怖いのは母親じゃなくてむしろ子どもの方じゃね!?



うーん。この子どもの将来が楽しみだ!!(ぇ



【“今日は5月2日!!エイプリルフールではない!!”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。