FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

感動最終話!!

第∞話  支配者感動物語!?



今日は月曜日。しかし,今日の月曜日は支配者にとって特別な日であった。



そう,今日は音楽の自由演奏がある日なのだ!!



そして支配者がプレイする楽器は・・・。



俺だけリコーダー・・・。



みんな,ピアノだのギターだのバイオリンだの弾くのに・・・。



俺だけリコーダー・・・。



そして,運命の3時間目。リコーダーを持って,音楽室の教室へと向かう。



ガチャリとドアを開ける。そこには,様々な音が飛び交う。



その中で1人,席に座って,リコーダーの練習。



リコーダーの音:ピ~ピ~プ~ポ~ポ~ポ~。



音が悲しい・・・。



なんか今の支配者をさらに暗くさせるような音だ。テンションがさらに下がる・・・。



そこに琴夜がやってきた。



琴夜:支配者って何やると?



支配者:リコーダー・・・です・・・。



琴夜:何の曲?



支配者:「TUNAMI」と,「BELIEVE」と,「翼をください」の3曲。



琴夜:へ~。うち,「翼をください」がメッチャ好きなんよ~。



支配者:そう・・・ですか・・・。



琴夜:うちが一緒に歌ってやろうか?



支配者:マジで!?



なんと有り難いことだろう。琴夜が一緒に歌ってくれるというのだ。



琴夜:うちは上のパートやるけん。あー,でもそしたら上のパートも必要になってくるなー。



しばらくして,琴夜はキャムを連れてきた。



琴夜:キャムも一緒に歌ってくれるっぽいよ。



支配者:マジで!?



キャム:俺,下のパートで4649!!



なんとなんと,ここで2人も仲間ができた。とても嬉しかった。



琴夜:よっしゃ,あと1人真ん中のパートやる人連れてくるけん。



支配者:(真ん中のパート!?)



果たして真ん中のパートまで必要なのだろうかという疑問を一瞬抱いたが,この際仲間が増えるならそんなことはどうでもよかった。



そして琴夜は,Blastを連れてきた。



Blast:フッフッフ。俺も一緒にやってやろうではないか!!



支配者:サンキュウウウウウウウウウウ!!



それだけではなかった。そのあと大Oさんが伴奏をやってくれると言ってきてくれた。さらにその他の女子も3人来て,一緒に歌うと言ってくれたのだ。



その結果,男子3人・女子4人が支配者に協力してくれた!!



その時,支配者は思った。



持つべきものは友達だな・・・と。



「ハァ!?お前なんかと友達なわけねえだろ!!お前は俺(私)の音楽のテストを上げるための道具にすぎない!!」という声が聞こえそうな気もするが,とにかく嬉しかった。



(でも,こんだけ人数がいるとリコーダーの音が掻き消されるよな・・・。)



と思ったりもしたが,もはやどうでもいいこと(!?)だった。



みんなとの打ち合わせも済ませ,準備は完璧だったのだが・・・。



惜しくも時間切れ・・・。



支配者まで順番が回ってこなかった。これは運がいいのか悪いのか・・・。



しかし今回の体験で,みんな優しさを実感できた。



みんな,ホントに有り難う!!



・・・今日の文章は,最終回にふさわしい文章だったと思います。



え?最終回?そう,最終回。



今日でこのブログは閉鎖されます。今までご愛読,有り難うございました!!



では!!またいつか会いましょう!!



END



【“感動最終話!!”の続きを読む】
スポンサーサイト