FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

がんばれ,トラエモン!

第94話 サザエVSのり太!!


支配者:WYSIWYGテキストエイダー機能が壊れましたが,使わずに書きました。(汗


また,最近学校以外の人も見るようになったので,この「がんばれ,トラエモン」にしか出てこない,「史上最強の4人先生」について軽く説明したいと思います。


ウメツ 支配者の学校の理科の先生。ものすごくやせている。


ヤマグチ 支配者の学校の英語の先生。英語の発音がとても悪く,雑音に聞こえる。


サカイ 支配者の学校の体育の先生。学校内で1番恐ろしい。剣道の腕は,全国大会3位!!


ムネチ仮面 支配者の学校の数学の先生。ハゲている上に,太っている。


では,物語の始まりです。



のり太としずかは,小屋の中で休憩することにした。


しずか:私が監禁されている間,何か変化があった?


のり太:あ,うん,それが・・・。


しずか:どうしたの?


のり太:シャイアンが死んだよ・・・。


しずか:えっ・・・ホント?


のり太:うん。サザエさん一家の1人,マスオにやられたらしい・・・。


しずか:・・・トラエモンと,ムネチ仮面は?無事なの?


のり太:トラエモンは,今足を故障していて,どこか人目のつかないところで休んでいる。ムネチ仮面は,さっき会ったから無事だよ。


しずか:そう・・・スメ夫さんの次は,ジャイアンさんまで・・・。


しばらくして,のり太としずかは小屋の中から出た。


しずか:・・・で,そのモンスターボールには何が入っているの?


しずかは,のり太のポケットの中の,2つのモンスターボールを見て言った。


のり太:ああ,これ?これは史上最強の先生の1人,ウメツが入っているモンスターボール。

正義の心を持った者にしか使えなくて,僕も使えるようになるまで結構苦労したんだ。


しずか:ふーん。で,もう1つの方は?


のり太:こっちにはヤマグチが入っているけど,まだ呼び出せていない。僕が持っているのは,この2つだけだよ。


しずか:どうでもいいわね。


のり太:なにっ・・・。


しずか:話は変わるけど,この第2階戦をクリアするためには,「銀の球」が必要なんでしょ?のり太さんは持っているの?


のり太:フフフ,もちろん!しずかちゃんは持っていないんだろ?一緒に探してあげるよ。


しずか:・・・・・・。


のり太:シカト!?


こうしてのり太は,しずかの分まで「銀の球」を探すことになった。


ー10分後ー


のり太としずかは,草むらの中を探していた。


しずか:なかなか見つからないわね,銀の球。


のり太:そりゃそうさ。僕だってこの「銀の球」を見つけるのに何時間も・・・。


すると,しずかが何かに気付いた。


しずか:のり太さん,そこに誰かいるわよ!!


のり太:なに!!しまった,見つかったか!?


すると,そいつが姿を現した。


?????:飛んで火の入る夏の虫・・・。さっきの会話聞こえたわよ。あなた,銀の球を持っているんですって?


のり太:く・・・何者だ,お前!!


サザエ:サザエさん一家の1人,サザエ!!


のり太:サザエさん一家か!!


サザエ:さあ,痛い目に遭いたくなかったら,大人しくその「銀の球」を渡すのよ!!


しずか:(どうするの,のり太さん!?サザエさん一家って強いんでしょ!?)


のり太:(ああ。確かに強い・・・。よし,ここは僕に任せて,しずかちゃんは「銀の球」を持って逃げろ!!)


しずか:(えっ・・・いいの?せっかく手に入れた銀の球よ?)


のり太:(ああ,いいんだ。)


のり太は,サザエに見つからないように,「銀の球」をそっとしずかに手渡した。


のり太:(あと念の為に,これも持って行くんだ。)


のり太は,史上最強の先生の1人,「ヤマグチ」が入ったモンスターボールをしずかに手渡した。


しずか:(こ,これは・・・?)


のり太:(正義の心を持った者にしか使えないけど,しずかちゃんならきっと使えると思う。さあ,早く行くんだ!!)


しずか:ありがとう,のり太さん!!


しずかはその場を離れ,檻に向かって走っていった。


のり太:銀の球は僕が持っている。欲しければ僕と戦え!!


サザエ:フフフ。望むところよ!!


のり太:(よし,「銀の球」をしずかちゃんに渡したことはバレていないようだ。)


サザエ:あんたなんか,すぐに粉砕してあげるわ!!


のり太:フ,それはどうかな。


のり太は,ポケットの中にある「ウメツ」が入ったモンスターボールを取り出そうとしたが・・・?


のり太:あ,あれ?ない・・・。)


のり太の顔が真っ青になった。


のり太:しまったー!!ウメツが入ったモンスターボールだけ,どこかに落としてきたーーーー!!

サザエ:さあ,いざ,尋常に勝負!!

のり太:ど,どうしよう・・・。

第95話に続く。

スポンサーサイト