FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

90話 冬の景色!!

支配者:なんともう90話じゃないですか。100話まであと10話!!



~前回のあらすじ~
ナミヘイとの戦いで足を負傷したトラエモンは,のり太にモンスターボール2個と空気砲を持たせ,1人で「銀の球」を探させることにした。

現在の第2階戦クリア2名・・・タラオ(サザエさん一家)・マスオ(サザエさん一家)



トラエモン:ああ,ちょっと待てのり太!!


のり太:・・・おっと。なんだよ?


トラエモン:出発する前に,もう1つ大事なことを言い忘れてた。

もしお前が「史上最強の先生」を召喚できたとして・・・その後もしお前が死んだら,所有者を失った「史上最強の先生」は,勝手に暴走し始めることになる。


※今のムネチ仮面は,元々はのり太の母が所有していたが,のり太の母がトラエモンによって殺されたため,今は自分の意志で行動している。


のり太:ふうん・・・。じゃあ,暴走させないようにするには?


トラエモン:死ぬ間際に「誰かに所有権を渡す」という意志が必要となる。


のり太:・・・難しいからよく分からんが,ようは僕が死ななければいいんだろ?


トラエモン:・・・まあ,そうだな。


のり太:よし。じゃあ,行ってくるよ。


のり太は,トラエモンの元を離れようとした。


トラエモン:・・・ああ,ちょっと待て!!まだ言うことが!!


のり太:なんだよ!!いっぺんに言えー!!


すると,トラエモンは咳払いをした。


トラエモン:・・・ある日俺は友達の田中とビリヤードをしたんだ。田中は毎回俺をいいところまで追い詰めたが,最後には必ず俺が勝った。


のり太:・・・は?


トラエモン:・・・あくる日俺は歯を治療するため,田中が経営している歯医者を訪れた。「このくらいなら歯に詰め物をすれば大丈夫」と,田中は言った。

しかし俺はそれを聞くと田中の治療を断った。「なぜ断ったんだ?」と聞かれたら,俺はこう答えてやったんだ。

「お前は詰めが甘いからな」・・・とな。

ナイスジョーク!!笑い過ぎてこの大会の辛さを忘れそうだぜーーーーーー!!


のり太:・・・・・・・・・・・・。


のり太は,何も言わずトラエモンの元を去って行った。


ー10分後ー


のり太は,檻の近くにある草むらの中で待機していた。


のり太:(銀の球を手に入れたヤツは,檻の中に入るために必ずここを通る。その時,銀の球を横取りできれば・・・!!)


すると,銀の球を持った何者かが,檻に近づいてきた。


のり太:(来た!!今だ!!)


のり太は,草むらから飛び出し,「空気砲」をソイツに向けた。


のり太:さあ,おとなしく銀の球を渡せ!!さもないと・・・。


?????:・・・・・・・・・・・・。


チャラララ~ン♪チャラララ~ラン♪チャラララ~ン♪チャララララ~ララ~ン♪


どこからともなく音楽が流れてきた。


のり太:こ,この音楽は!!まさかお前は,「冬のアナタ」で有名な「ヤン様」!?


ヤン様:その通りですよ。


するとヤン様は,のり太に爽やかな笑顔を見せた。


のり太:く・・・。ヤン様がなんだってんだ!!さあ,おとなしく銀の球を渡すんだ!!


ヤン様:大丈夫なんですか?


のり太:・・・な,なにが!?


ヤン様:僕を殺したりなんかしたら日韓問題になりますよ。


のり太:うっ・・・。


のり太はうろたえた。


のり太:だ,だめだ。ただえさえ悪化している日韓関係をさらに悪化しては・・・!!


ヤン様:そういうことです。では,そこを通してくれませんか?


のり太:う・・・うん・・・。


ヤン様は,のり太の横を通り過ぎていった。


のり太:・・・て,これはマンガだから日韓問題とか関係ねえー!!


ヤン様:おっと。気づかれましたか。


のり太:さあ,「銀の球」を渡すんだ!!さもないと,あと3秒で「空気砲」を発射するぞ!!


するとヤン様は,穏やかに,静かに,こう言った。


ヤン様:「韓国・アタック」


ドガアアアアアアアアン!!


のり太:ごはああああああああああああ!!


のり太はその場に倒れた。


ヤン様:僕に逆らうと,こうなるんですよ。


ヤン様は,ゆっくりと檻の中に入っていった。


ヤン様→第3回戦進出決定!!


銀の球ー残り5個。


第91話に続く。ランキングよろしくぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!


FC2ブログランキング
スポンサーサイト

なんということだ。

さて。今日は漢字のテストがありました。


カンニングの嵐。


ある人は電子辞書を開き,ある人は隣りの人の答えを見る。


・・・ああ,なんていいクラスなんだ。(違


もちろん支配者はやってませんが・・・なんかこういう人達を見ていると,自分が一生懸命勉強しているのが無駄なような気がしてくるんですよ。


先生気づけよって感じなんですけど,全く気づきません。



N先生:このクラスは漢字の成績がいいですね~。



いや,当たり前だろ。(笑


また,先生が口頭で問題を言うとき。



N先生:よーし次は「うらやむ」。


生徒A:先生,それ難しいから別の問題にして下さい。


N先生:うーんそうだなあ。じゃあ問題変えようか。



みなさんにはこの素晴らしさがお分かりだろうか。生徒と先生で問題を作る。


まさに神の力だあああああああああああああああ!!



それと,もう1つハプニングがありました。


今日リレーの選手決めがありました。


我がクラスは陸上部が1人もおらず,みんなやる気なし。だから,競走で足の速かった人3人をリレーの選手にすることになったとです。


約10人の候補者で,何故が支配者も候補になっていたわけですよ。


他の候補者は 山O,梅O,藤O,米O 吉O  等。


もちろん支配者は,ここ数年運動を全くしてません。リレーの選手なんかになれるわけないと思っていましたが・・・。


つーか,なれたとしても他のクラスにすぐ抜かれるー!!(汗


そして,競走スタート。結果は・・・なんと2位!!


嬉しいような・・・悲しいような・・・。結局リレーの選手になっちゃいました。(汗


みなさんに宣言しよう。


Iクラスは楽勝ですよ!!(ぉぃ


自虐ネタ(?)で終了。


FC2ブログランキング←ランニングとかけて,ランキングもどうぞ。今,2位です。

がんばれ,トラエモン!

第89話 史上最強の4人先生

支配者:昨日色々あったんで1日遅れの更新です。



~前回のあらすじ~
トラエモンとナミヘイがモノマネ対決をし,見事勝利したトラエモンであった・・。そして現在のみんなの状況を書いておきます。

のり太→ナミヘイにより,昏睡状態に。

しずか→第2階戦開始直後,行方不明に。

ムネチ仮面→アンハンマンの隠れ家で自爆した後,行方不明に。

シャイアン・スメ夫→脱落。

※第2階戦のルール・・・お花畑の中に8個ある「銀の球」を1個見つけ,お花畑の中心にある檻の中に入ったら,第2階戦クリア。



サザエさん一家の総長,ナミヘイが,奈落の底に落ちていった。


トラエモン:悪いな,ナミヘイ。お前に恨みはなかったのだが・・・で,俺は一体何のためにナミヘイと戦っていたんだっけ??


すると,トラエモンは昏睡状態になっているのり太に目が留まった。


トラエモン:・・・そうか,のり太の眠りを解く薬を手に入れるために,ナミヘイと戦っていたのか。


近くにはナミヘイが落としていった薬があったので,トラエモンはそれをのり太の口に流し込んだ。
そして,のり太が目覚めた。


のり太:・・・んん?あ,あれ?そうか,僕は今まで眠っていたのか・・・。


トラエモン:気が付いたか。なら,さっさと銀の球を探してくるがいい!!


のり太:なに!?トラエモンは一緒に探してくれないのか!?


トラエモン:お前が眠っている間に,ナミヘイと戦って足を負傷したから,しばらく歩けない。だから,俺は一足先に「ドコでもドア」を使って檻の中に入らせてもらう!!


のり太:なにぃー!?仲間を見捨てる気か!?


トラエモン:貴様と仲間になった覚えなどない。さらばだ!!


トラエモンは四次元ポケットから「ドコでもドア」を取りだし,ドアを開こうとした・・・が,何故かドアは開かなかった。


トラエモン:あ,あれ?おかしい。何故だ・・・?そうか!!作者が長い間更新してなかったせいで,「ドコでもドア」がさびれたのか!!


のり太:なんじゃそりゃあああああああ!?じゃあ,「タイムフロシキ」で直せよ!!


トラエモン:そ,そうだな・・・。


しかし,タイムフロシキもボロボロになっていた。


トラエモン:く,くそ。「ドコでもドア」や「タイムフロシキ」だけじゃない。ほとんどの道具がさびれて使い物にならなくなってるーーーー!!


のり太:どうなってんだよ,トラエモンの秘密道具って!!


トラエモン:し,仕方ない。足が治るまで,ここで待機しておくか。さあ,のり太。早く「銀の球」を探しに行ってこい!!


のり太:む,無理だろ!?一人で「銀の球」を探すなんて!!どんな敵がいるのかも分からないし!!なんか武器をくれよ!!


トラエモン:・・・といっても,秘密道具はほとんど使い物にならないし・・・。そうだ,これがあった!!


するとトラエモンは,四次元ポケットからモンスターボール2個を取り出した。


のり太:おお,なんだこれ!!ポケモン!?


トラエモン:フフフ。そいつはただのポケモンじゃない。そのモンスターボールの中には,史上最強の先生が眠っているのだーーーーーーーー!!


のり太:史上最強の先生!?


トラエモン:日本には,「史上最強の4人先生」というのがいるのさ。その4人というのが,

1人目はサカイ,2人目はウメツ,3人目はヤマグチ,4人目は・・・忘れた。



のり太:ええっ!?忘れんなよ!!


※その最後の1人がムネチ仮面であることは,言うまでもないだろう。


トラエモン:まあとにかく,そのモンスターボール2個にはウメツヤマグチが眠っている。そいつらのパワーは,計り知れないぜ!!


そう言うとトラエモンは,モンスターボール2個をのり太に手渡した。


のり太:よし!!じゃあ早速呼び出してみる!!


トラエモン:・・・ああ,大事なこと言うの忘れてた。その「史上最強の先生」は,真の正義の心を持った者にしか,召喚することはできない。


のり太:正義の心を持った者?


トラエモン:そうだ。ちなみに俺は,召喚することができなかった。


のり太:(主人公のくせに,正義の心を持ってなかったのか・・・。)


トラエモン:まあ,のり太ならひょっとしたら召喚できるかもしれないと思ってな。


のり太:よ,よし。とりあえず呼び出してみるよ。来い,ウメツ!!


のり太はモンスターボールを1個,宙に投げた。・・・しかし,ウメツは出てこなかった。



のり太:あ,あれ?出てこない・・・。


トラエモン:・・・ふう。やっぱりお前も正義の心を持っていなかったか。じゃあ,そのモンスターボール2個は返してもらうぜ。


のり太:・・・い,いや,万が一途中で召喚できるようになるかもしれないから,一応持っておくよ。


トラエモン:・・・まあ,召喚できない俺が持っていても意味無いからな。いいだろう。あと,これを持って行け。


トラエモンは,「空気砲」をのり太に渡した。


のり太:あ,これはさびれてなかったのか。


トラエモン:これでたいていの敵は倒せるから。じゃあ,早く「銀の球」を探しに行ってこい。俺は足が治り次第,檻に向かうから。


のり太:ああ。


のり太は,モンスターボール2個と空気砲を持って,「銀の球」を探しに行った。


第90話に続く。

酒場屋のトルトリ

「MATH NOTE」


これに名前を書かれた者は数学が好きになる・・・。


こんなノートがあればいいなと思う今日この頃です。


「DE」を「M」に変えてみただけです。


・・・。


・・・。


なに言ってんだ俺は!?(汗


いかんね。暇で暇で暇で暇で暇でしょうがないから,こんなしょうもないことを考えるんだろう。


最近面白いことがないです。


中間終わったばっかりだというのに何もやることが無いのはつらいとです。


・・・そうだ!!鏡に写った自分とジャンケンすれば。


ジャーンケンポーン。


おおっ。あいつも同じのを出してきた。


あーいこーでしょ。


また同じだ。なかなかやるなこいつ。


たーのしーなー死ぬまでやるぞうひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ。


ここで俳句を1つ。


ノイローゼ ああノイローゼ ノイローゼ


おひまい。


FC2ブログランキング 

がんばれ,トラエモン!

第88話 モノマネ対決!?

支配者:何日ぶりだろうなぁ。更新するの。でも,あと1カ月もしたら期末なんですよね・・・。

更新するいとまが無いです。



~前回のあらすじ~
トラエモンとナミヘイ(サザエさん一家)が,なぜかモノマネ対決をすることになった。

ルールは,トラエモンの秘密道具「ランダム洗濯機」から出てきたアニメタイトルのキャラクターを,より真似できた方が勝者となる。

現在は第2階戦。クリア者は,タラオ(サザエさん一家)・マスオ(サザエさん一家)の2名。


ナミヘイ:フフフ。ワシにモノマネ対決を挑んだことを,後悔させてやるわい!!

トラエモン:それはこっちのセリフだ!!いくぞ!!

「ランダム洗濯機」から,「名探偵コナン」の文字が出てきた。

すると,トラエモンはコナンに,ナミヘイは毛利小五郎に姿を変えた。

コナン:フハハハハ!!くらえ,麻酔銃!!

毛利小五郎:なんのこっちは眠りの小五・・・。


すると「ランダム洗濯機」から,「アンパンマン」の文字が出てきた。

ナミヘイ:えーーー!?名探偵コナンはもう終わっちゃった!?

トラエモン:どうやらこの戦いは,「超ハイスピードモノマネ対決」になりそうだな!!

トラエモンはアンパンマンに,ナミヘイはしょくパンマンに変身した。

アンパンマン:アーンキーック!!

しょくぱんまん:ショック・パーンチ!!


「DEATH NOTE」

夜神ライト:言っても分からぬ馬鹿ばかり・・・。

弥 ミサ:モッチーとモンチッチー!!


「行列のできる法律相談所」

東野:ちりちりドリルーーーーー!!

北村弁護士:丸山よ,消え去れ!!

・・・ていうか,これってアニメか!?


「NARUTO」


ナルト:手裏剣投げーーーーい!!

サスケ:もっと格好いい技あるだろ!?


「忍たま乱太郎」

しんベイ:手裏剣投げーーーーい!!

乱太郎:それしか無いのかよおおおお!!


「白い巨塔」

里見:余命はあと3カ月だ。

財前:無念だ・・・。


「ブリーチ」

朽木ルキア:一護・・・・・・・・・・・・・ひゃくp

朽木白夜:その先は言うな!!作者のイメージが壊れるーーーーーー!!


「ポケットモンスター」

タケシ:ジョーーーイサーーーン!!

サトシ:ジョーーーナサーーーン!!(ぇ


「北風と太陽」

北風:タイフーン,ストリーーーーーム!!

太陽:サンシャイン,フラッシュ!!


「レッテル」

アイツ:貴様のレッテルは・・・「国連環境開発会議」だ!!

コイツ:ワケワカメーーーーーー!!


「ルーグ」

アキラ:アキラは最後まで・・・アキラめない!

葵:きもいよ,お前。ソウルガン発射ぁ!!


するとこの時,トラエモンの変身の効果が消えた。

トラエモン:あ,あれ!?しまった!!もう変身ができない!!

ナミヘイ:ワーッハッハッハッハッハ,ざまーみろ!!

トラエモン:・・・もうめんどくさいや。空気砲,発射!!

空気砲が,ナミヘイの体に命中した。

ナミヘイ:ぐほああああああああああああ
!!

ドガアアアアアアアアアアアアアン!!

ナミヘイは倒れた。倒れたナミヘイの下に穴が開き,その中に落ちていった。

ナミヘイ→脱落!!

トラエモン:弱ーーーーーーー!!

サザエさん一家の1人が,ようやく消えた。

第89話に続く。

がんばれ,トラエモン!

おおっ!?なんじゃいこの記事の最後の方にある拍手マークは!?こんなん取り付けた覚えないぞや。


・・・てことで,話題変えますが,試験返却のオンパレード。


熱8度5分ながら受けた 英語R・国語乙・現社の3つなのですが。


まだ帰ってきてないぜーーーーーーい!!


やったねって感じです。とりあえず命拾いはできたというヤツですな。


つーかね,もうどう答えたかほとんど覚えていない訳ですよ。もう頭クラクラでした。


あああああ・・・。なんでこんなタイミングで熱を出したか分からん。理解に苦しミマス。


平均は越えてたら・・・いいなあ。


つーことで,とりあえず↓の拍手マーク,&ランクリお願いします。


FC2ブログランキング

辛いよ。辛すぎて涙。

やっと試験が終わりましたね。


月曜日に熱8度5分を出す。


これ・・・どうよ?最悪じゃん。(泣


だから,英語R,現社,国語Zには
全く手をつけずってきたら即,寝ました。


全く手をつけなかったんですよ!?あーもう,素晴らしいったらありゃしない。


いやーでも頑張って学校来ましたよ。熱冷まシートを貼って。(笑


そして,英語Rのリスニングの際。


ポカ~ン。


頭に入ってこない。何言ってんだコイツって感じです。さすが8度5分。(ぇ


沈黙の春?知るかよおおおおおおおおお!!


・・・で,結果は・・・。


惨敗。

まさしく赤点の危機。



やっぱなんにもしてないとダメダメですね。史上最低得点を記録する模様ですよ。特に現社。


平均点を極限まで下げてやったつもりです。まさに救いの神。(
ダマレ


つ・ま・り,英語R・現社・国語乙・のうち,


どれか1つでも,平均点超えてたら奇跡だ!!


だってぇ何もしてなかったんですから。当然じゃい。


ハァ~。辛い・・・。


FC2ブログランキング 


せめてランキング上げて!!(ぇ


では。

おめでとう!!

おめでとおおおおおお!!



ゴール地点はなんとココです!!(ぇ



つまりよい子しかゴールできなかったというわけですよ。



え?移転先?そんなもの存在しませんよ。(ぉぃ



移転先はみなさんの心の中にあります。(黙



俺はずっとFC2を使い続けるつもりですからね!!多分・・・。



ここに辿り着いた人はコメントしてください。10円ほどプレゼントします。



では!!

バトン的な存在3

バトン回されたからやってやるよ。(誰


【S?M?診断バトン】
○か×で答えよう!

①タンスの角に小指をぶつけました。舌打ちする?
×

②雨の中に捨て猫が…。家では飼えないし。ほっとく?


③よく行儀悪いと言われる
×

④掃除は大の苦手だ


⑤よく親子喧嘩をする。
×

⑥テレビが写らなくなったらとりあえず叩いてみる。


⑦好きな人に心にもない事を言った事がある。 


⑧リレーは得意な方だ。
×

⑨歯磨きは短時間で終わる。


⑩毛糸が絡まった!ほどくのを諦めて新しいのを使う。
×

⑪球技系のスポーツが好きだ。


⑫逆に水泳はきらい。
×

⑬携帯でメールを打つときはだいたい片手。


⑭朝が弱い


⑮友達が髪を切っていると真っ先にかまいにいく。
×

⑯ハンカチを持ち歩いている。


⑰あんまり甘いものが好きではない。
×

⑱大体のものは素手で倒せる。
×

⑲叩かれたら叩き返しちゃう。
×

⑳正直、答えるのが面倒くさかった。


次に回す人

「ワンダー・ワイド・ホワイトボール」を知らない人全員。


結果】

○が18~20 ドS
○が14~17 S
○が10~13 中間
○が5~9 M
○が0~4 ドM


やったー中間だー。



自分が予想していた通りの結果だ。・・・ん,待てよ?

中間・・・中間・・・中間考査・・・。

嫌なこと思い出させるなぁぁぁぁぁ!!(ぇ

ではさようなら。

がんばれ,トラエモン!

第87話 トラエモンvsナミヘイ!!

支配者:ブログランキングを上げる作戦が,聖によって見事に破られました。おおおおお・・・。


~前回のあらすじ~
のり太の目を覚ますため,そして「銀の球」を守るため,トラエモンはナミヘイと戦うことになった!


トラエモン:いくぞ!!空気砲,発・・・。

ナミヘイ:影分身!!

トラエモン:!?

ナミヘイが何人にも増えた。

トラエモン:影分身!?まさか貴様・・・!!

ナミヘイ:そう!!ワシはノーマルタイプの使い手じゃあああああああ!!

トラエモン:えっ・・・ノーマルタイプ?サザエさん一家の総長がノーマルタイプを使うのってなんか・・・。

ナミヘイ:だ,だまれ!!ノーマルタイプの真の力を見せてやる!!くらえ,「捨て身タックル」!!

影分身で何人にも増えたナミヘイが,「捨て身タックル」をしてきた。

トラエモン:ダイナマイト,爆破!!

ナミヘイ:!?

ドガアアアアアアアアアアアアアン!!!

ナミヘイ:ぐほああああああああああ!!

ダイナマイトの爆発を受けたナミヘイは,「影分身」の効果が切れ,1人に戻った。

ナミヘイ:ダイナマイトを使うなー!!秘密道具を使わんかーーーい!!

トラエモン:ええい黙れ,髪の毛1本野郎!!

ナミヘイ:髪の毛がないお前が言うなーー!!

まあいい。ノーマルタイプ最強の技を見せてやるぜよ!!

トラエモン:(ノーマルタイプ最強技!?や,やはり「破壊光線」か!?)

ナミヘイ:「変身」!!

トラエモン:!?

ナミヘイの体が,ウニョウニョ変化していった。

トラエモン:変身!?変身が最強技かよ!?

するとナミヘイは,ワンピースのルフィに姿を変えた。

ルフィ:“ゴムゴムのぉ・・・ガトリング”!!

トラエモン:な,なに!!・・・ぐああああああああ!!

ルフィの攻撃をくらったトラエモンは,10km先に飛ばされた。

トラエモン:い,痛ぇ・・・。

続いてナミヘイは,ワンピースのサンジに姿を変えた。

トラエモン:こいつ,なんにでも変身できるのかよ!?

サンジ:ふははははははははその通り!!

くらえ,“仔牛肉ショット”!!

ナミヘイ(サンジ)は,次の攻撃を仕掛けてきた。

トラエモン:く・・・ならば俺も!!秘密道具,「動物変身ビスケット」!!

※動物変身ビスケット・・・動物ならなんにでも変身できるビスケット。

動物変身ビスケットを食べ,トラエモンはワンピースのゾロに姿を変えた。

サンジ:き,貴様も変身できるのか!?

ゾロ:いくぞ,“鉄塊”!!

ガキイイイイイイイイイイイイイイン!!!

トラエモン(ゾロ)は,ナミヘイ(サンジ)の攻撃を,「鉄塊」で防いだ。

サンジ:“鉄塊”!?ゾロは“鉄塊”は使えないだろ!?

ゾロ:ええい,どーでもいいだろ!!

すると,トラエモンとナミヘイは,姿を元に戻した。

ナミヘイ:フ・・・,どうやら貴様もワシも,変身が使えるらしいな。

トラエモン:面白い。ならば,こういう対決の仕方はどうだ?

秘密道具,「ランダム洗濯機」ーー!!

※ランダム洗濯機・・・一種のクジみたいなもの。

トラエモン:こいつは,アニメのタイトルをランダムに出す道具だ。これで,出てきたアニメのキャラクターをより真似できた者が勝利となる。どうだ,面白いだろ!!

ナミヘイ:モノマネ対決か。いいだろう!!

主旨の変わった戦いに,ナミヘイはなぜか同意した。

トラエモン:では,モノマネ対決,スタートぉ!!

2人のどーでもいい戦いが始まった。

第88話に続く。

支配者:次の更新は,もうすぐ試験ってことでお休みするかもしれません。では。

板東サトシの物語

第4 コスプレの意義


~前回のあらすじ~

子どもに賞味期限のパンを食べさせた疑いで,逮捕された板東サトシ。その後の運命は!?



今日は台風がひどかったため,タケシの学校は休校となった。


タケシは家でゴロゴロしていた。


タケシの母:タケシ,ちょっと洋服を買ってきてくんない?


タケシ:はぁ!?外は台風なんだぞ!!なにもこんな日に・・・。


するとタケシの母は,タケシの喉に包丁を突きつけた。


タケシの母:買いに行かないと,晩ご飯のおかずにしちゃうけど・・・?


タケシ:ワーイワーイお買い物楽しいなー!!行ってきまーーす!!


タケシは慌てて外に飛び出した。


タケシはいろんな店をまわってみたが,台風のせいでほとんどの店が閉まっていた。


タケシ:ったくこんな日に開いている店なんてあるわけがないだろ・・・。


すると,タケシは電気のついている店を発見した。


タケシ:あ,あった!!ラッキー!!


タケシはその店に向かうことにした。しかし,その店の看板を見て,タケシは後すざりをした。


洋服店 「恐怖」


タケシ:な,なんだよ「恐怖」って・・・絶対繁盛してねえ・・・まさか・・・。


タケシは,板東サトシの顔が浮かんだ。


タケシ:(い,いや,そんなはずはない!!あいつは逮捕されたんだ!!あいつがいるはずかない!!)


タケシは,おそるおそる,店のドアを開けた。


板東サトシ:いらっしゃいませー。


タケシ:やっぱりかあああああああああああああ!!


板東サトシ:只今,全品10%オフになっております。


タケシ:そんな事どうだっていーんだよ!!それよりなんであんたがここにいんの!?お前逮捕されたはずだろおおおおおお!!


板東サトシ:ああ,牢屋の中で「イチロー」のモノマネやったら,警察のやつらに面白いって言われて釈放されたんだよ。


タケシ:(どこにあんだそのボンクラ警察署!?)


板東サトシ:ところで,ここに来た客,お前が初めてだ。


タケシ:まあ,そうだろうな・・・。ていうか,あんた教師の他に洋服店も経営してたの?


板東サトシ:うん,まあな。洋服店っていうより,コスプレ店だけどな。


タケシ:は!?コスプレ!?


タケシは,辺りを見まわしてみた。よく見ると,アンパンマンや,仮面ライダー,その他色々なキャラクターの洋服が置かれていた。


タケシ:(そうか,いつもここの洋服を着て学校に来ていたのか。気持ちワル・・・。)


板東サトシ:しかしお前がここに来てくれたということは,お前もコスプレに興味が出たんだな。嬉しくて涙が出てきた・・・。


タケシ:いや,違うよ!!他の店が閉まっていたから,仕方なくここに来たんだよ!!つーかコスプレして何の意味があんのさ!?


板東サトシ:コスプレをしたら・・・寿命が5秒延びる。


タケシ:いらねええええええええ!!俺もう帰るから!!


タケシは,店から出ようとした。しかし,ドアは開かなかった。


タケシ:あれ,開かない・・・?


板東サトシ:フフフ,ここの店に入ったら最後,何か商品を買うまで店から出れないのさ・・・。


タケシ:イジメか!?


その後,タケシはおじゃる丸の服(3万円)を買わされ,それを無理矢理着て帰らされた。

がんばれ,トラエモン!

http://aameiru.blog73.fc2.com/

トラエモン専用ブログに,登場人物紹介をプラスしました。暇な人は見ろ!!


FC2ブログランキングこっちもよろしく。

がんばれ,トラエモン!

第86話 ナミヘイ参上!!

~前回のあらすじ~
第2階戦に戻ってきた,トラエモンとのり太。そしてトラエモンは,ついに「銀の球」を1個ゲットした。しかしお腹をすかせたトラエモンとのり太の目の前に,怪しげなリンゴが1個・・・。


トラエモンとのり太の目の前には,おいしそうなリンゴが置いてあった。

トラエモン:リンゴだ・・・リンゴが置いてある。

のり太:どうする?食べる?

トラエモン:アホか。こんな所にリンゴが置いてあるなんておかしいだろ。明かに罠だ。

のり太:ひょっとして毒が仕込まれてるかもしれないってこと?

トラエモン:そういうことだ。

のり太:だけど今どきこんな罠を仕掛けるヤツなんているのか?


トラエモン:・・・確かに。

のり太:それにもしこれが普通のリンゴだったら,かなり後悔する・・・。

トラエモン:・・・そうだな。しかし毒が仕込まれてないって可能性も0ではない。

のり太:うん・・・。

トラエモン:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

のり太:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

トラエモン:・・・どうする?毒味してみるか?

のり太:もし毒が仕込まれてあったら死ぬぞ・・・?

トラエモン:このまま餓死するよりかマシだろ。

のり太:そうだね・・・。

トラエモン:よし!!じゃあどっちが毒味をするか,ジャンケンだ!!

のり太:こい!!

トラエモンとのり太の,ジャンケン対決!!

トラエモン:最初はグー!!

のり太:ジャンケン・・・ポン!!

トラエモン→グー   のり太→チョキ

のり太:負けたあああああああああああ!!

トラエモン:お前アホだろ。俺はグーしか出せないのに。

のり太:しまったあああああああああああ!!

トラエモン:まあいい。さっさと食べるがいい!!

のり太:ク・・・仕方ない・・・。

のり太は,リンゴを手に取り,それを食べた。

のり太:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウッ。

のり太は倒れた。

トラエモン:の,のり太!?しまった!!やはり毒が仕込まれてあったか!!

?????:だーっはっはっは!!今どきこんな罠に引っかかるとはなぁー!!

トラエモン:!?誰だ!!

すると草のしげみから,人が姿を現した。

ナミヘイ:サザエさん一家の総長ナミヘイ!!

現れたのは,サザエさん一家の一人,ナミヘイだった。

トラエモン:何!?ナミヘイ!?このリンゴを仕掛けたのはお前か!?

ナミヘイ:いかにも。しかしこんな単純な罠に引っかかるとは,お前らは真のアホだ。

トラエモン:ク・・・。のり太は死んだのか!?

ナミヘイ:安心しろ。そのリンゴに仕込まれてあったのは,毒ではなく眠り薬だ。

トラエモン:ああ,なんだ・・・。

ナミヘイ:ただし,永遠に目覚めることはないがな・・・。

トラエモン:はぁっ!?

するとナミヘイは,ポケットから薬を取り出した。

ナミヘイ:これが眠りを解く薬だ。ワシと戦い,ワシに勝ったらこの薬をやろう。ただしお前が負けたら・・・「銀の球」をいただく!!

トラエモン:な,なぜ俺が「銀の球」を持っていると分かった!?

ナミヘイ:勘だ!!

トラエモン:ええっ!?

ナミヘイ:とにかく,ワシと戦って勝たなければ,そいつは永遠に眠ったままだぞ・・・。

ナミヘイは,眠っているのり太を指差した。

トラエモン:(こいつはサザエさん一家の総長・・・。おそらくサザエさん一家の中で一番強い。だが,戦わなければ,のり太が・・・。)

ナミヘイ:さあ,どうする?

トラエモン:わかった・・・闘ってやる!!

ナミヘイ:クハハハハハ!!そうこなっくちゃなぁ!!

トラエモン:(サザエさん一家は,1人1人ポケモンの技を使ってくる。タラオはエスパータイプ,マスオは電気タイプだった。じゃあ,こいつは・・・?)

トラエモンは,四次元ポケットから「空気砲」を取り出し,腕に装着した。

ナミヘイ:さあ,いくぞ!!

第87話に続く。次回は,トラエモンvsナミヘイ!!


FC2ブログランキング ←COME ON
!!

あああ。

今日,なんとネクタイを家に置いたまま学校に来ました。★


しかも登校中に第2ボタンが外れました。★


さらには髪の毛が完全に耳にかかってました。★


服装・頭髪検査があったら死んでたな。(笑


ちなみに今日にテストも死にました。数学・国語がありえん。


もう学校行くのが最近メンドイです。


ああ・・・さすがに塾に行った方が・・・補習も受けてないし・・・中間が・・・やばい・・・バタッ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。