FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第43話 ~闇のゲーム~


~前回のあらすじ~

現在,のり太と指スマンの残りの指は残り2だが,のり太の左指は,レンガで固まってしまっている!!



のり太:く,未来予知ができるやつ相手に,いったいどうやって勝てばいいんだ・・・!?


指スマン:ククク・・・私がお前に負けるわけがない。それに,何か気がつかないか?周りを見わたしてみるがいい!!!


のり太:!?


のり太と指スマンが戦っている周辺では,闇が辺りをおおい始めていた。


トラエモン:これは・・・?夜でもないのに,辺りが暗くなってきている・・・?


指スマン:ハハハ!さあ,「闇のゲーム」の始まりだ!!


のり太:「闇のゲーム」!?


トラエモン:この暗さは,お前のせいか!!そもそも,「闇のゲーム」って一体何なんだよ!?


指スマン:フフフ,この指スマ勝負の敗者は,肉体と魂をこの闇に喰われるのさ・・・。


のり太:わかるように説明しろ!!


指スマン:ハハハ!この「闇のゲーム」の中では,負けた者は死ぬってことなんだよ!!


のり太:なんだって!!し,死ぬ!?


トラエモン:ばかばかしい。指スマごときに,命を賭けてられっか!逃げるぞ,のり太!!


のり太:うん。当たり前だ!


のり太は,指スマ勝負から逃げようとしたのだが・・・


のり太:・・・ウッ!!


トラエモン:どうしたのり太,早く逃げるぞ!


のり太:足が,足が動かないなんだ!!


トラエモン:!!??


指スマン:フ,この「闇のゲーム」から抜け出すことはできない。ぬけ出せるのは,この指スマ勝負の勝者のみ!!


のり太:なにぃ~~~~~~!!!


トラエモン:ふざけんじゃねえ!!今すぐ闇のゲームを中止しろ!!


指スマン:なあに。ここから抜け出たいのなら、私に勝てばいいだけの話じゃないか。こんな簡単なことがどうして受け入れられない?


トラエモン:てめえ・・・!!


指スマン:私に勝てば・・・ね・・・クックック・・・アーッハッハッハッハッハ!!


第44話に続く。今回指スマやってねえじゃん!!
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。