FC2ブログ

筆箱の支配者

作り話ばっかりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第72話   Mr.E の脅威


~前回のあらすじ~

Mr.Hの電撃攻撃に対し、トラエモンは秘密道具「名工電光丸」で対抗する。しかし、Mr.Hには通用しなかった!!



トラエモンがMr.Hと戦っている頃、のり太・シャイアン・しずかの3人は森の中を突っ走っていた。


のり太:シャ、シャイアン!!本当にこっちでいいの!?


シャイアン:知るか!だけどいつまでも森の中をうろつくより、一か八か突き進んだ方がいいだろ!!


のり太:もしゴールと全く違う方向だったらどうすんだよ~。


しずか:あ、みんなちょっと待って!!


急に、しずかが立ち止まった。


シャイアン:な、なんだよしずかちゃん!?


しずか:ここにリスがいるわ!!しかも弱ってる!!


しずかはそのリスを拾い上げた。


シャイアン:おおーい!!しずかちゃん状況分かってる!?100番以内にゴールしないと俺達死ぬんだぞ!?


しずか:分かってるけど、このまま放っておいたら可哀想よ・・・!!


のり太は、そのリスをじっと見つめた。


のり太:ねえ、何かこのリス変じゃない?弱り方が尋常じゃないっていうか。


しずか:そ、そうね。確かに今まで見たことない弱り方・・・。


シャイアン:リスなんてどうでもいだろ!!早くゴールに・・・。


すると、そのリスは溶け始め、煙となって消滅した。


しずか:溶けて消えた!?どうなってるの!?


シャイアンは、辺りを警戒し始めた。


シャイアン:気をつけろ、しずかちゃん、もやし。この森の中、俺達以外誰かいるかも・・・!!


Mr.E:クックック。正解~♪


のり太:!?


何者かが、木の枝の上に乗っていた。


シャイアン:だ、誰だお前!?


Mr.E:僕の名はMr.E。覇王様によって造られたロボットで、覇王様の4人の手下の内の1人さ。


しずか:(人間じゃなくてロボット!?声、姿、オーラ、とてもロボットとは思えない・・・!!)


のり太:覇王の手下?覇王って誰だよ!?


Mr.E:この大会の主催者の名前だよ。僕は覇王様の命令で、君達を殺しにきたんだ。


しずか:わ、私達を!?どうして!?


Mr.E:さあねー。僕も分かんないよ。めんどくさいけど、覇王様の命令は絶対なんだね・・・!!


するとMr.Eは、ポケットの中から「銃」を取り出した。


Mr.E:ディスソルーション・ショット!!


その銃から、液体がのり太達に向けて発射された。


シャイアン:み、みんなよけろー!!


3人はしゃがんでかわした。その液体は後ろの木に当たると、その木はみるみるうちに朽ち果てていき、最後には横に倒れた。


のり太:木が!!


しずか:(さっきリスが溶けて消えたのは、あの液体が原因だったのね・・・!!)


Mr.E:これは僕が開発した銃でね。「メルト銃」って言うんだ。銃の中にはあらゆる物を溶かす液体が内蔵されているから、せいぜい気をつけてねー♪


シャイアン:あんな液体、1回でも喰らったらお陀仏だ!!逃げるぞ2人とも!!


のり太・シャイアン・しずかちゃんの3人は逃げ始めた。


Mr.E:
そうはいかない!!


Mr.Eは、さらに何発もの液体を発射し、木を次々に倒していき、のり太達の逃げ道を塞いだ。


シャイアン:(くそ!!このままじゃ俺達全員殺される!!)


Mr.E:クックック。君達は大人しく僕に殺されればいいんだよ!!


のり太達、大ピンチ!!第73話に続く。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。